go to English Ver.

生物機能材料工学研究室
機能性バイオマテリアルと化学工学に基づく実用的な再生医工学技術・バイオデバイスの開発
新着情報

【2017年7月】
坂本さんが九州大学教育改革シンポジウム2017で銅賞を受賞しました。
発表タイトル「バイオプロセス工学に基づく新規肝臓創出技術の開発」


【2017年7月】
佐々木さんが第54回化学関連支部合同九州大会で優秀ポスター賞を受賞しました。
発表タイトル「血管新生を誘導する移植用基材の開発と毛包原基作製に関する検討」
修士1年の池上さん、植田さん、佐々木さん、中村さん、吉武さんが第54回化学関連支部合同九州大会でポスター発表を行いました。



【2017年4月】
研究室に新4年生が配属されました。


【2016年12月】
坂本さんが第23回日本生物工学会九州支部飯塚大会で学生賞を受賞しました。
発表タイトル「肝不全モデルラットを用いた臓器工学的肝グラフトの性能評価」
木村さんが第23回日本生物工学会九州支部飯塚大会修士の部で学生賞を受賞しました。
発表タイトル「機能性移植用基材としての脱細胞化ブタ肝臓由来可溶化マトリックスの開発」


【2016年7月】
森保さんが第53回化学関連支部合同九州大会で優秀ポスター賞を受賞しました。
発表タイトル「ヘパリン固定化スポンジ基材からなる吻合可能な組織工学的人工血管の開発」
木村さんが第27回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会で優秀ポスター賞を受賞しました。
発表タイトル「肝特異的ECM成分可溶化基材を用いた肝機能の発現と組織化に向けた検討」


【2016年4月】
研究室に新4年生が配属されました。


【2016年3月】
坂本さんが2016年日本生体医工学会九州支部学術講演会で研究奨励賞を受賞しました。
発表タイトル「肝不全モデルラットの作出および移植用肝グラフトの性能評価系の構築」
木村さんが第18回化学工学会学生発表会で優秀賞を受賞しました。
発表タイトル「移植用基材としての脱細胞化ブタ肝臓由来可溶化マトリックスの開発」


【2015年12月】
永井さんが第22回日本生物工学会九州支部宮崎大会で学生賞を受賞しました。
発表タイトル「ECM模倣基材を用いた薄層ゲル培養系構築による神経毒性試験」


【2015年6月】
永井さんと坂本さんと平山さんが第52回化学関連支部合同九州大会で優秀ポスター賞を受賞しました。
発表タイトル(永井さん):観察/評価の容易さと生体内類似環境を両立した新規培養法の開発
発表タイトル(坂本さん):臓器工学に基づく血液循環可能な移植用肝グラフトの開発
発表タイトル(平山さん):組織工学的人工胆管構築に向けた抗菌性基材の開発


【2015年4月】
研究室に新4年生が配属されました。


【2015年3月】
西村さんが九州大学学生後援会学術研究賞を受賞しました。
発表タイトル:細胞包埋肝特異的マトリックスゲルの移植および肝機能発現評価


【2014年12月】
永井君と平山君が日本生物工学会第21回九州支部熊本大会で発表を行いました。


【2014年12月】
西村さんが日本生物工学会第21回九州支部熊本大会で学生賞を受賞しました。


【2014年11月】
西村さんがJAACTでポスター賞を受賞しました。


【2014年11月】
水町さんが台湾でのYABEC2014でYABEC Poster Awardを受賞しました。
「Biological assay device of neural stem cells with ECM-modelized matrix gel」


【2014年9月】
徳山さんがTERMIS-AP2014でポスター賞を受賞しました。


【2014年9月】
本村さんが化学工学会第46回秋季大会でポスター賞を受賞しました。


【2014年9月】
井田君と坂本君が化学工学会第46回秋季大会でポスター発表を行いました。


【2014年9月】
井田君がバイオマテリアル学会 九州講演会 2014 にてポスター発表を行いました。


【2014年5月】
白木川さんの「Base structure consisting of an endothelialized vascular-tree network
and hepatocytes for whole liver engineering」が「第22回生物 工学論文賞」
を 受賞しました。


【2014年4月】
中村さん、水町さんが日本学術振興会特別研究員-DC2に採用されました。


【2014年4月】
水町さんが九州大学学生後援会学術研究賞を受賞しました。


【2014年4月】
研究室に新4年生が配属されました。


【2014年1月】
白木川さんがBanyu Foundation Research Grant 2013 女性研究者支援に採択されました。


【2013年12月】
我有君、徳山君、原田君が日本生物工学会 第20回九州支部佐賀大会で発表を行いました。


【2013年12月】
水町さんの研究成果がAdvanced Biomedical Engineeringに掲載決定しました。
Charcoal/dextran-treated FBS enables reliable cell number evaluation of human umbilical vein endothelial cells using water-soluble tetrazolium salts-8 by H.mizumachi and H.Ijima


【2013年11月】
水町さんが化学工学会九州支部平成25年度学生賞審査会 博士課程の部で学生賞を受賞しました。


【2013年11月】
水町さんの研究成果がAdvanced Biomedical Engineeringに掲載決定しました。
Measuring stability of vascular endothelial growth factor using an immobilization technique by H.mizumachi and H.Ijima


【2013年10月】
10月1日付で白木川さんが助教に着任されました。


【2013年9月】
高野君と西村君がバイオマテリアル学会 九州講演会 2013 にてポスター発表を行いました。


【2013年9月】
水町さんが生体医工学シンポジウム2013でベストリサーチアワードを受賞しました。
Measuring stability of vascular endothelial growth factor using an immobilization technique by Hideyuki Mizumachi, Hiroyuki Ijima


【2013年9月】
水町さんが化学工学第45回秋季大会でポスター賞を受賞しました。


【2013年8月】
中村さんが米国ピッツバーグ大学に研究留学します。


【2013年6月】
白木川さんの研究成果が第27回先端技術大賞(日本放送賞)を受賞し、産経新聞に掲載されました。(6/12)


【2013年5月】
中村さんの研究成果がJournal of Bioscience and Bioengineeringに掲載決定しました。
Solubilized matrix derived from decellularized liver as a growth factor-immobilizable scaffold for hepatocyte culture by S. Nakamura., and H. Ijima


【2013年5月】
白木川さんの研究成果がJournal of Bioscience and Bioengineeringに掲載されました。
Nucleus number in clusters of transplanted fetal liver cells increases by partial hepatectomy of recipient rats by Shirakigawa N., Ijima H.


【2013年5月】
白木川さんの研究成果がJournal of Bioscience and Bioengineeringに掲載決定しました。
Base structure consisting of an endothelialized vascular-tree network and hepatocytes for whole liver engineering by Nana Shirakigawa, Takayuki Takei, and Hiroyuki Ijima


【2013年4月】
本研究室に新4年生が配属されました。


【2013年2月】
井嶋博之先生が教授に昇任されました。

研究概要