研究業績

研究論文

2020年

  • “Thermocells driven by phase transition of hydrogel nanoparticles.”Guo, B., Hoshino, Y., Gao, F., Hayashi, K., Miura, Y., Kimizuka, N., & Yamada, T. J. Am. Chem Soc, 2020, 142, 17318-17322.
  • “Aggregation of a double hydrophilic block glycopolymer: the effect of block polymer ratio.” Oh, T., Hoshino, Y., & Miura, Y. J. Mat. Chemi. B,2020, 8, 10101-10107.
  • “Polystyrene-Cross-Linking Triphenylphosphine on a Porous Monolith: Enhanced Catalytic Activity for Aryl Chloride Cross-Coupling in Biphasic Flow.” Matsumoto, H., Hoshino, Y., Iwai, T., Sawamura, M., & Miura, Y. Ind. Eng. Chem. Res, 2020, 59, 15179-15187.
  • “Multi-block and sequence-controlled polymerization of glycopolymers, and interaction with lectin” Kichize, M., Nagao, M., Hoshino, Y., & Miura, Y. Eur. Polym. J. 2020, 140, 110044.
  • “Spatiotemporal monitoring of intracellular metabolic dynamics by resonance Raman microscopy with isotope labeling.” Yonamine, Y., Hiramatsu, K., Ideguchi, T., Ito, T., Fujiwara, T., Miura, Y., & Hoshino, Y. RSC Advances, 2020, 10(28), 16679-16686.
  • “Affinity Purification of Multifunctional Oligomeric Ligands Synthesized via Controlled Radical Polymerization.” Hoshino, Y., Shimohara, S., Wada, Y., Nakamoto, M., & Miura, Y. J Mat. Chem B.2020, 8, 5597-5601.
  • “Preparation of palladium-loaded polymer hydrogel catalysts with high durability and recyclability” Seto, H., Matsumoto, H., & Miura, Y. Polymer Journal,2020, 52, 671-679.
  • “Controlling the block sequence of multi-block oligomer ligands for neutralization of a target peptide.” Takimoto, H., Katakami, S., Miura, Y., & Hoshino, Y. Materials Advances, 2020, 1, 604-608.
  • “Polystyrene‐Supported PPh3 in Monolithic Porous Material: Effect of Cross‐Linking Degree on Coordination Mode and Catalytic Activity in Pd‐Catalyzed C− C Cross‐Coupling of Aryl Chlorides.” Matsumoto, H., Hoshino, Y., Iwai, T., Sawamura, M., & Miura, Y. ChemCatChem,2020, 12, 4034-4037.
  • “Polyamine nanogel particles spray-coated on carbon paper for efficient CO2 capture in a milli-channel reactor” Gao, J., Liu, Y., Terayama, Y., Katafuchi, K., Hoshino, Y., & Inoue, G. Chemical Engineering Journal, 2020, 401, 126059
  • “Honeycomb-carbon-fiber-supported amine-containing nanogel particles for CO2 capture using a rotating column TVSA.” Gao, J., Hoshino, Y., & Inoue, G. Chemical Engineering Journal, 2020, 383, 123123.
  • “Electrostatic Interactions Between Acid-/Base-Containing Polymer Nanoparticles and Proteins: Impact of Polymerization pH.” Honda, R., Gyobu, T., Shimahara, H., Miura, Y., & Hoshino, Y. ACS Applied Bio Materials. 2020, 3, 3827-3834.
  • “Homogeneous Oligomeric Ligands Prepared via Radical Polymerization that Recognize and Neutralize a Target Peptide”, Yu Hoshino, Shohei Taniguchi, Hinata Takimoto, Sotaro Akashi, Sho Katakami, Yusuke Yonamine, Yoshiko Miura, Angew. Chem. Int. Ed. 2020, 132, 689-693.
  • “Combining Acid- and Base-Imprinted Nanoparticles in a Hydrogel Film for Temperature-Responsive Quick and Reversible Capture of Salt”, Yu Hoshino, Mitsunori Moribe, Naoki Gondo, Toshiki Jibiki, Masahiko Nakamoto, Benshuai Guo, Rinoka Adachi, Yoshiko Miura, ACS Appl. Polym. Mater. 2020, 2, 505-514.
  • “Controlled Polymerization for the Developemtn of Bioconjugate Polymers and Materials”, Yoshiko Miura, Journal of Materials Chemistry, B, in press.
  • Fine-tuning of the surface porosity of micropatterned polyethersulfone membranes prepared by phase separation micromolding, Yida Liu, Takashi Kodama, Taisuke Kojima, Ikuo Taniguchi, Hirokazu Seto, Yoshiko Miura, Yu Hoshino, Polymer J, in press.
  • Honeycomb-carbon-fiber-supported amine-containing nanogel particles for CO2 capture using a rotating column TVSA, Jubao Gao, Yu Hoshino, Gen Inoue, Chemical Engineering Journal, in press.
  • 有機分子触媒L-prolineを固定化した多孔質高分子モノリスの開発およびフロー不斉Aldol付加反応への応用, 服部春香、松本光、星野友、三浦佳子、化学工学論文集 in press.

2019年

  • Synthesis of Various Glycopolymers Bearing Sialyllactose and the Effect of Their Molecular Mobility on Interaction with the Influenza Virus. Nagao, M., Matsubara, T., Hoshino, Y., Sato, T., Miura, Y. Biomacromolecules. 2019, 20, 2763-2769 (doi.org/10.1021/acs.biomac.9b00515)
  • Preparation of multifunctional glycopolymers using double orthogonal reactions and the effect of electrostatic groups on the glycopolymer–lectin interaction, Oh, T. Jono, K. Kimoto, Y. Hoshino, Y. Miura, Y. Polymer Journal, 2019,51,1299-1308.(doi.org/10.1038/s41428-019-0244-x)
  • "Quantitative preparation of multiblock glycopolymers bearing glycounits at the terminal segments by aqueous reversible addition–fragmentation chain transfer polymerization of acrylamide monomers ", Nagao, M. Hoshino, Y. Miura, Y., Journal of Polymer Science, Part A: Polymer Chemistry 2019,57,857-861.(Doi: 10.1002/pola.29344)
  • "Glycopolymer preparation via post-polymerization modification using N-succinimidyl monomers", Fukuda, T., Tsuji, S., Miura, Y ., Polymer Journal2019, 51,617-625.(Doi: 10.1038/s41428-019-0170-y)
  • "Sequestering and inhibiting a vascular endothelial growth factor in vivo by systemic administration of a synthetic polymer nanoparticle ",Koide, H. Yoshimatsu, K. Hoshino, Y. Ariizumi, S. Okishima, A. Ide, T. Egami, H. Hamashima, Y. Nishimura, Y. Kanazawa, H. Miura, Y. Asai, T. Oku, N. Shea, K.J., Journal of Controlled Release 2019, 295, 13-20. (Doi: 10.1016/j.jconrel.2018.12.033 )
  • "Topological Design of Star Glycopolymers for Controlling the Interaction with the Influenza Virus", Masanori Nagao, Teruhiko Matsubara, Yu Hoshino, Toshinori Sato, and Yoshiko Miura, Bioconjugate Chemistry 2019,30,1192-1198. (Doi: 10.1021/acs.bioconjchem.9b00134).
  • “Design of synthetic polymer nanoparticles specifically capturing indole, a small toxic molecule” Okishima, A.; Koide, H.; Hoshino, Y.; Egami, H.; Hamashima, Y.; Oku, N.; Asai, T., Biomacromolecules 2019,20,1644-1654.(DOI: 10.1021/acs.biomac.8b01820).
  • “Glycopolymers mimicking GM1 gangliosides: Cooperativity of galactose and neuraminic acid for cholera toxin recognition” Terada, Y.; Hoshino, Y.; Miura, Y. Chemistry–An Asian Journal 2019,14,1021-1027. (DOI: doi.org/10.1002/asia.201900053)
  • ”Amplification of Sensor Signals from Metal Mesh Device with Fine Periodic Structure” Seto, H.; Saiki, A.; Kamba, S.; Kondo, T.; Hasegawa, M.; Miura, Y.; Hhirohashi, Y.; Shinto, H., Analytical Sciences 2019, 35,619-623.(DOI: 10.2116/analsci.18P498)
  • "Fibronectin Coating on Implant Material Surface Atracted both osteoblasts and Bacteria", Cui, X.; Hoshino, Y.; Miura, Y. Chemistry Letters, 2019, 48,764-767.(DOI: 10.1246/cl.190293)
  • "Biopolymer Monolith for protein separation" Miura, Y.; Seto, H.; Hoshino, Y. Faraday Discussion, 2019,219,154-167.(DOI: 10.1039/C9FD00018F)
  • “Screening of a Glycopolymer Library of GM1 Mimics Containing Hydrophobic Units using Surface Plasmon Resonance Imaging”, Yuri Kimoto, Yuhei Terada, Yu Hoshino, Yoshiko Miura, ACS Omega, 2019, 4, 20690-20696. 
  • Amine-containing nanogel particles supported on porous carriers for enhanced carbon dioxide capture, Jubao Gao, Yida Liu, Yu Hoshino, Gen Inoue, Applied Energy, 2019, 253, 113567.

2018年

  • "Size-tuned hydrogel network of palladium-confining polymer particles: a highly active and durable catalyst for Suzuki coupling reactions in water and ambient temperature", Hikaru Matsumoto, Takanori Akiyoshi, Yu Hoshino, and Yoshiko Miura, Polymer Jornal 2018, 50, 1179-1186.(Doi: 10.1038/ s41428-018-0102-2)
  • "Self-Assembly of a Double Hydrophilic Block Glycopolymer and the Investigation of Its Mechanism", Takahiro Oh, Masanori Nagao, Yu Hoshino, and Yoshiko Miura, Langmuir 2018,34, 8591-8598. (Doi: 10.1021/acs.langmuir.8b01527 )
  • "Bacterial Inhibition and Osteoblast Adhesion on Ti Alloy Surfaces Modified by Poly(PEGMA-r-Phosmer) Coating",Xinnan Cui, Tatuya Murakami, Yukihiko Tamura, Kazuhiro Aoki, Yu Hoshino, and Yoshiko Miura, ACS Appl, Mat Int, 2018, 10, 23674-23681. (Doi: 10.1021/acsami.8b07757)
  • "Controlling the lectin recognition of glycopolymers via distance arrangement of sugar blocks", K. Jono , M. Nagao , T. Oh , S. Sonoda , Y. Hoshino and Y. Miura, Chem. Commun., 2018, 54, 82-85 (Doi: 10.1039/C7CC07107H)
  • “Reversible pK a Modulation of Carboxylic Acids in Temperature-Responsive Nanoparticles through Imprinted Electrostatic Interactions” Hoshino, Y.; Jibiki, T.; Nakamoto, M.; Miura, Y.,. ACS applied materials & interfaces 2018, 10 , 31096-31105. (DOI: 10.1021/acsami.8b11397)
  • “Verification of the Universal Versatility of a Quantitative Protein Measurement Technique Using a Metal Mesh Device” Kamba, S.; Seto, H.; Kondo, T.; Miura, Y., Analytical Sciences 2018, 34 , 765-770.
  • “Regulating Detectable Optical Domain in Sensing Technology Using Metal Mesh Devices and Detection of Submicron-size Particles” Kamba, S.; Seto, H.; Kondo, T.; Miura, Y., Analytical Sciences 2018, 34 , 547-552..
  • “Synthesis of Highly Biocompatible and Temperature-Responsive Physical Gels for Cryopreservation and 3D Cell Culture”, Nagao, M.; Sengupta, J.; Diaz-Dussan, D.; Adam, M.; Wu, M. Acker, J.; Ben, R.; Ishihara, K.; Zeng, H.; Miura, Y. ACS Appl Bio Mat 2018, 1, 356-366. (DOI:10.1021/acsabm.8b00096)

2017年

  • "Design of Glycopolymers Carrying Sialyl Oligosaccharides for Controlling the Interaction with the Influenza Virus", Masanori Nagao, Yurina Fujiwara, Teruhiko Matsubara , Yu Hoshino , Toshinori Sato , and Yoshiko Miura, Biomacromolecules, 2017,18, 4385-4392. (Doi:10.1021/acs.biomac.7b01426)
  • "Wide-range pKa tuning of proton imprinted nanoparticles for reversible protonation of target molecules via thermal stimuli", Yu Hoshino, Takaaki Miyoshi, Masahiko Nakamoto and Yoshiko Miura, J. Mat Chem B, 2017, 5, 9204-9210. (Doi:10.1039/C7TB02107K)
  • "Macroporous Gel with Permeable Reaction Platform for Catalytic Flow Synthesis", Hikaru Matsumoto, HIrokazu Seto, Takanori Akiyoshi, Makoto Shibuya, Yu Hoshino, and Yoshiko Miura, ACS Omega, 2017, 2, 8796-8802. (Doi: 10.1021/acsomega.7b00909)
  • "Macroporous monolith with polymer gel matrix as continuous-flow catalytic reactor", Hikaru Matsumoto, Hirokazu Seto, Takanori Akiyoshi, Makoto Shibuya, Yu Hoshino and Yoshiko Miura, Chem Lett. 2017, 46, 1065-1067. (Doi.org10.1246/cl.170360)
  • "デンドリティック糖質界面が示す生体機能", 福田知博, 三浦佳子, 高分子論文集, 2017, 74, 1-9
  • "Elucidation of GlcNAc-binding properties of type III intermediate filament proteins, using GlcNAc bearing polymers", Hirohiko Ise, Sadanori Yamasaki, Kazuaki Sueyoshi, and Yoshiko Miura, Genes to Cells, 2017, 22, 900-917. (Doi:10.1111/gtc.12535)
  • "SPR study for analysis of a water-soluble glycopolymer interface and molecular recognition properties", Yuhei Terada, Hirokazu Seto, Yu Hoshino, Tatsuya Murakami, Shuhei Shinohara, Kaoru Tamada and Yoshiko Miura, Polymer J. 2017, 49, 255-262. (Doi: 10.1038/pj.2016.99)
  • "Monitoring photosynthetic activity in microalgal cells by raman spectroscopy with deuterium oxide as a tracking probe", Yusuke Yonamine, Yuta Suzuki, Takuro Ito, Yoshiko Miura, Keisuke Goda, Yasuyuki Ozeki, and Yu Hoshino, ChemBioChem, 2017, 18, 2063-2068. (Doi: 10.1002/cbic.201700314)
  • "Design and preparation of thermos-responsive vinylamine-containing micro-gel particles for reversible absorption of carbon dioxide",Mengchen Yue, Kenta Imai, Yoshiko Miura, Yu Hoshino, Polymer J. 2017, 49, 601-606. (Doi: 10.1038/pj.2017.28)
  • "Anti-biofoling phosphorylated HEMA and PEGMA block copolymers show high affinity to hydroxyapatite", Xinnan Cui, Tatsuya Murakami, Yu Hoshino, Yoshiko Miura, Colloid and Surfaces B: 2017, 160, 289-296. (Doi: 10.1016/j.colsurfb.2017.09.038)
  • "Quantitative Measurement of Protein using Metal Mesh Device",Seiji Kamba, Hirokazu Seto, Takashi Kondo, Yoshiko Miura, Anal. Sci. 2017, 33, 1033-1039. (Doi:10.2116/analsci.33.1033)
  • "Poly(N-isopropylacrylamide) gel-based macroporous monolith for continuous-flow recovery of palladium(II) ions", Hirokazu Seto, Hikaru Matsumoto, Makoto Shibuya, Takanori Akiyoshi,Yu Hoshino,and Yoshiko Miura, Journal of Applied Polymer Science 2017, 44385. (Doi:10.1002/APP.44385.)
  • "Effects of Hydrophobic Modifications and Phase Transitions of Polyvinylamine Hydrogel Films on Reversible CO2 Capture Behavior: Comparison between Copolymer Films and Blend Films for Temperature-Responsive CO2 Absorption", Mengchen Yue,Kenta Imai,Chie Yamashita,Yoshiko Miura, Yu Hoshino, Macromolecular Chemistry and Physics 2017, 218,1600570. (Doi:10.1002/macp.201600570.)
  • "Glycopolymer monoliths for affinity bioseparation of proteins in a continuous-flow system: glycomonoliths", Hirokazu Seto, Makoto Shibuya, Hikaru Matsumoto, Yu Hoshino and Yoshiko Miura,J. Mater. Chem. B, 2017, 5, 1148-1154. (Doi: 10.1039/C6TB02930B)
  • "A polymer nanoparticle with engineered affinity for a vascular endothelial growth factor (VEGF165)", Hiroyuki Koide, Keiichi Yoshimatsu, Yu Hoshino, Shih-Hui Lee, Ai Okajima, Saki Ariizumi, Yudai Narita, Yusuke Yonamine, Adam C. Weisman, Yuri Nishimura, Naoto Oku, Yoshiko Miura, Kenneth J. Shea,Nature Chemistry, 2017, 9, 715-722. (Doi.: 10.1038/nchem.2749)

2016年

  • "Polyacrylamide backbones for polyvalent bioconjugates using “post-click” chemistry" Nagao, M.; Kurebayashi, Y.; Seto, H.; Takahashi, T.; Suzuki, T.; Hoshino, Y.; Miura, Y. Polymer Chemistry, 2016, 7, 5920-5924. (DOI: 10.1039/C6PY00904B).
  • "Measuring Protein Binding to Individual Hydrogel Nanoparticles with Single Nanoparticle SPRI Microscopy” Maley, A. M.; Terada, Y.; Onogi, S.; Shea, K. J.; Miura, Y.: Corn, R. C. J. Phys. Chem. C 2016, 120, 16843-16849. (Doi: 10.1021/acs.jpcc.6b05700)
  • “Design of Synthetic Polymer Nanoparticles That Facilitate Resolubilization and Refolding of Aggregated Positively Charged Lysozyme” Nakamoto, M.; Nonaka, T.; Shea, K. J.; Miura, Y.; Hosino, Y. J. Am. Chem. Soc. 2016, 138, 4282-4285. (DOI: 10.1021/jacs.5b12600)
  • "Inhibition of Bacterial Adhesion on Hydroxyapatite Model Teeth by Surface Modification with PEGMA-Phosmer Copolymers" Cui, X.; Koujima, Y.; Seto, H.; Murakami, T.; Hoshino, Y.; Miura, Y., ACS Biomater. Eng. 2016, 2, 205-212. (DOI: 10.1021/acsbiomaterials.5b00349)
  • “Synthesis of well-controlled glycopolymers bearing oligosaccharides and their interactions with influenza viruses” Nagao, M.; Kurebayashi, Y.; Seto, H.; Tanaka, T.; Takahashi, T.; Suzuki, T.; Hoshino, Y.; Miura, Y.,. Polymer Journal 2016,48, 745-749 (DOI: 10.1038/pj.2016.14)
  • “Polymer microgel particles as basic catalysts for Knoevenagel condensation in water
    Seto, H.; Imai, K.; Hoshino, Y.; Miura, Y., Polymer microgel particles as basic catalysts for Knoevenagel condensation in water. Polymer Journal 2016, 48, 897-904. (DOI: 10.1038/pj.2016.44)
  • “Glycopolymer Nanobiotechnology”, Miura, Y.; Hoshino, Y.; Seto, H. Chem Rev. 2016, 116, 1673-1692. DOI: 10.1021/acs.chemrev.5b00247)

  • “Development of glycosaminoglycan mimetics using glycopolymers” Miura, Y.; Fukuda, T.; Seto, H.; Hoshino, Y. Polymer J. 2016, 448, 229-237. (DOI: 10.1038/pj.2015.110)

2015年

  • “Preparation of nanogel-immobilized porous gel beads for affinity separation of proteins: fusion of nano and micro gel materials” Hoshino, Y.; Arata, Y.; Yonamine, Y.; Lee, S.-H.; Yamasaki, A.; Tsuhara, R.; Yano, K.; Shea, K. J.; Miura, Y., Polymer Journal 2015, 47, 220-225. (DOI: 10.1038/pj.2014.101)
  • “Membrane reactor immobilized with palladium‐loaded polymer nanogel for continuous‐flow Suzuki coupling reaction”, Seto, H.; Yoneda, T.; Morii, T.; Hoshino, Y.; Miura, Y.; Murakami, T. AIChE Journal 2015, 61, 582-589. (DOI:10.1002/aic.14653)
  • “Design rationale of thermally responsive microgel particle films that reversibly absorb large amounts of CO 2: fine tuning the p K a of ammonium ions in the particles”, Yue, M.; Hoshino, Y.; Miura, Y. Chem Sci 2015, 6, 6112-6123. DOI: 10.1039/C5SC01978H
  • “Minimization of Synthetic Polymer Ligands for Specific Recognition and Neutralization of a Toxic Peptide” Lee, H.; Hoshino, Y.; Wada, Y.; Arata, Y.; Maruyama, A.; Miura, Y., Journal of the American Chemical Society 2015, 137, 10878-10881. DOI: 10.1021/jacs.5b05259.
  • “Label-free Detection of Antigen Protein Using a Metal Mesh Device Surface-modified by an Antibody”Seto, H.; Kamba, S.; Kondo, T.; Ogawa, Y.; Hoshino, Y.; Miura, Y., Analytical Sciences 2015, 31, 173-176. DOI: 10.2116/analsci.31.173
  • “Design of multi-functional linear polymers that capture and neutralize a toxic peptide: a comparison with cross-linked nanoparticles” Wada, Y.; Lee, H.; Hoshino, Y.; Kotani, S.; Kenneth J. S.; Miura, Y. J. Mat Chem B, 2015, 3,1706-0711 (DOI: 10.1039/C4TB01967A)
  • “Interaction between Multimeric Sulfated Saccharides and Alzheimer Amyloid β (1-42)”, Fukuda, T.; Matsumoto, E. Miura, Y. Chem Lett. 2015, 44, 1482-1484.

2014年

  • Hirokazu Seto, Seiji Kamba, Takashi Kondo, Makoto Hasegawa, Shigeki Nashima, Yoshinobu Ehara, Yuichi Ogawa, Yu Hoshino, Yoshiko Miura "Metal mesh device sensor immobilized with a trimethoxysilane-containing glycopolymer for label-free detection of proteins and bacteria", ACS Applied Materials & Interfaces, 2014, 6 (15), pp 13234-13241.
  • Hirokazu Seto, Seiji Kamba, Takashi Kondo, Yuichi Ogawa, Yu Hoshino, Yoshiko Miura "Novel detection technique for particulate matter in air using metal mesh device sensors",Chemistry Letters, 2014, 43, 408-410.
  • Yu Hoshino, Ryohei C. Ohashi, Yoshiko Miura "Rational Design of Synthetic Nanoparticles with a Large Reversible Shift of Acid Dissociation Constants: Proton Imprinting in Stimuli Responsive Nanogel Particles", Advanced Materials, 2014, 26, 22, 3718-3723
  • Mengchen Yue, Yu Hoshino, Yukinori Ohshiro, Kazushi Imamura, Yoshiko Miura "Temperature-Responsive Microgel Films as Reversible Carbon Dioxide Absorbents in Wet Environment", Angew. Chem. , 2014, 126, 10, 2692-2695.
  • Yuhei Terada, Wakana Hashimoto, Tetsuro Endo, Hirokazu Seto, Tatsuya Murakami, Hideaki Hisamoto, Yu Hoshino, Yoshiko Miura "Signal amplified two-dimensional photonic crystal biosensor immobilized with glyco-nanoparticles", J. Mater. Chem. B, 2014, 2, 3324-3332.
  • Masahiko Nakamoto, Yu Hoshino, and Yoshiko Miura "Effect of Physical Properties of Nanogel Particles on the Kinetic Constants of Multipoint Protein Recognition Process", Biomacromolecules, 2014, 15, 2, 541-547.
  • Masaki Takara, Masayuki Toyoshima, Hirokazu Seto, Yu Hoshino, Yoshiko Miura "Polymer-Modified Gold Nanoparticles via RAFT Polymerization: Detailed Study for a Biosensing Application", Polymer Chemistry, 2014, 5, 931-939.

2013年

  • Yuri Nishimura, Hiroki Shudo, Hirokazu Seto, Yu Hoshino, Yoshiko Miura "Syntheses of sulfated glycopolymers and analyses of their BACE-1 inhibitory activity", Bioorg. Med. Chem. Lett., 2013, 23, 6390-6395.
  • Yutaro Ogata, Hirokazu Seto, Tatsuya Murakami, Yu Hoshino, Yoshiko Miura "Affinity Separation of Lectins using Porous Membranes Immobilized with Glycopolymer Brushes Containing Mannose or N-Acetyl-D-Glucosamine", Membranes, 2013, 3, 169-181.
  • Hirokazu Seto, Chie Yamashita, Seiji Kamba, Takashi Kondo, Makoto Hasegawa, Matsuno Mitsuhiro, Yuichi Ogawa, Yoshiko Miura "Biotinylation of Silicon and Nickel Surfaces and Detection of Streptavidin as Biosensor", Langmuir, 2013, 29, 9457-9463.
  • Hirokazu Seto,Takato Morii,Tamami Yoneda,Tatsuya Murakami,Yu Hoshino,and Yoshiko Miura "Preparation of Palladium-loaded Polymer Nanoparticles with Catalytic Activity for Hydrogenation and Suzuki Coupling Reactions", Chem. Lett., 2013, 42, 301-303.

2012年

  • Yu Hoshino, Kazushi Imamura, Mengchen Yue, Gen Inoue, and Yoshiko Miura "Reversible absorption of CO2 triggered by phase transition of amine-containing micro- and nano-gel particles", J. Am. Chem. Soc, J. Am. Chem. Soc.,?2012,?134?(44), pp 18177?18180
  • Hirokazu Seto, Masaki Takara, Chie Yamashita, Tatsuya Murakami, Takeshi Hasegwa, Yoshiko Miura "Surface Modification of Siliceous Materials Using Maleimidation and Various Functional Polymers Synthesized by Reversible Addition Fragmentation Chain Transfer Polymerization", ACS Applied Materials and Interfaces, 2012,?4?(10), pp 5125?5133.
  • Yoshiko Miura, Shunsuke Onogi, Tomohiro Fukuda "Syntheses and Biological Ability of Sulfo-Glycodendrimer via Click Chemistry", Molecules,17,10,11877-11896.
  • Yu Hoshino, Masahiko Nakamoto, and Yoshiko Miura "Control of Protein-Binding Kinetics on Synthetic Polymer Nanoparticles by Tuning Flexibility and Inducing Conformation Changes of Polymer Chains", J. Am. Chem. Soc.,134,37,15209-15212.
  • Tomohiro Fukuda, Masaki Kawamura, Hikaru Mizuno, Yoshiko Miura“Glycosaminoglycan Model Polymers with Poly(γ-glutamate) Backboneto Inhibit Aggregation of β-Amyloid Peptide”,Polymer J., accepted
  • 三浦佳子、坂本祥吾、福田知博、由井伸彦“硫酸化高分子によるグリコサミノグリカンモデルポリマーの合成とアミロイド阻止機能”,高分子論文集, 2012, 69, 47.
    Hirokazu Seto, Yutaro Ogata, Tatsuya Murakami, Yu Hoshino, Yoshiko Miura“Selective Protein Separation Using Siliceous Materials with a Trimethoxysilane-Containing Glycopolymer”,ACS Appl. Mater. Interfaces, 2012, 4(1), 411.
  • Yasuhiro Maeda, Akira Matsumoto, Yoshiko Miura, Yuji Miyahara“Preparation of alpha-mannoside hydrogel and electrical detection of saccharide-protein interactions using the smart gel-modified gate field effect transistor”,Nanoscale Res. Lett. 2012, 7, 108.
  • Yoshiko Miura“Design and Synthesis of Well-defined Glycopolymers for the Control of Biological Functionalities”,Polymer J., 2012, 44, 679.

2011年

  • Erino Matsumoto, Kazuki Nishizawa, Tomohiro Fukuda, Madoka Takai, Yoshiko Miura“Separation capability of proteins using microfluidie system with dendrimer modified surface ”,Trans. Mat. Res. Soc. Japan ,2011, 36, 541
  • J. Ishii, M. Chikae, M. Toyoshima, Y. Ukita, Y. Miura, Y. Takamura,“Elaecrochemical Assay for Saccharide-Protein Interactions using Glycopolymer-Modified Gold Nanoparticles”,Electrochem. Commun., 2011, 13, 830.
  • T. Fukuda, Y. Inoue, T.Koga, M. Matsuoka, Y.Miura,“Encapsulation of Polythiophene by Glycopolymer for Water Soluble Nano-wire”,Chem Lett., 2011, 40, 864
  • M. Wada, Y. Miyazawa, Y. Miura,“A specific Inhibitory effect of multivalent trehalose toward amyloid beta (1-40) aggregation”,Polymer Chemistry., 2011, 2, 1822.
  • J. Ishii, M. Toyoshima, M. Chikae, Y. Takamura, Y. Miura,“Preparation of Glycopolymer-modified Gold Nanoparticles and a New Approach for a Lateral Flow Assay”,Bull. chem. Soc. Jpn., 2010, 84, 466.
  • E. Matsumoto, T. Fukuda, Y. Miura,“Bioinert surface to protein adsorption with higher generation of dendrimer SAMs”,Colloids Surf. B 2011, 84, 280.

2010年以前

  • 2010年

    • K. Funato, K. Fukuda, Y. Miura, “Monolayer Formation of hydrocarbons with various reactive groups via photochemical reaction on Si(111)-H surface”,Trans. Mat. Res. Soc. Jpn., 2010, 35, 4, 797.
    • A. Nakano, N. Teramoto, G. Chen, Y. Miura, M. Shibata“Preparation and characterization of complex gel of type I collagen and aluminosilicate containing imogolite nanofibers”,J. Appli. Polym. Sci. 2010, 118, 2284
    • T. Fukuda, E. Matsumoto, N. Yui, Y. Miura,“Peculiar Wettability Based on Orientational Change of Self-assembled Hemispherical PAMAM Dendrimer Layer”,Chem. Lett. 2010, 39, 923.
    • 三浦佳子、横山義之、柴田千絵里“エラスチンモデルペプチドを用いた温度応答性界面の創製と生体機能解析”,高分子論文集 2010, 10, 584.
    • Y. Miura,“In vivo imaging with saccharide”,Trends in Glycosci. Glycotech., 2010, 22, 259.
    • Y. Miura, H. Mizuno,“Interaction Analyses of Amyloid beta Peptide (1-40) with Glycosaminoglycan Model Polymers”,Bull. Chem. Soc. Jpn. 2010, 83, 1004.
    • T. Fukuda, E. Matsumoto, S. Onogi, Y. Miura,“Aggregation of Alzheimer Amyloid β Peptide (1?42) on the Multivalent Sulfonated Sugar Interface”,Bioconjugate Chem. 2010, 21, 1079.
    • M. Toyoshima, T. Oura, T. Fukuda, E. Matsumoto, Y. Miura, “Biological specific recognition of glycopolymermodified interfaces by RAFT living radical polymerization”,Polymer J. 2010, 42, 172-178.
  • 2009年

    • Y. Miura,“Inhibition of protein amyloidosis by glycomaterials”, Trends in Glycosci & Glycotech, 2009, 21, 324.
    • D.-H. Yang, R. Katoono, J. Yamaguchi, Y. Miura, N. Yui, “Immobilization of polyrotaxane on a solid substrate as the design of dynamic surface”, Polymer J. 2009, 41, 952-953.
    • E. Matsumoto, T. Yamauchi, T. Fukuda, Y. Miura,“Sugar Microarray via Click Chemistry: Molecular Recognition with Lectins and Amyloid β (1-42)”, Sci. Technol. Adv. Mater. 2009, 10, 034605.
    • T. Fukuda, S. Onogi, Y. Miura, "Dendritic Sugar-Microarrays by Click Chemistry", Thin Solid Films 2009, 518, 880-888.
    • K. Funato, N. Shirahata, Y. Miura, "The monolayer of a-Man via Si-C bond formation and proteinrecognition", Thin Solid Films 2009, 518, 699-702.
    • M. Toyoshima, Y. Miura, "Preparation of Glycopolymer-substituted Gold Nanoparticles and Their Molecular Recognition", Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 2009, 47 ,1412-1421.
  • 2008年

    • 三浦 佳子, "糖質有機薄膜を用いた生体検出",表面, 2008, 46, 9, 443.
    • Y. Miura, K. Yamamoto, K. Yasuda, Y. Nishida, K. Kobayashi, "Inhibition of Alzheimer Amyloid Aggregation with Sulfate Glycopolymers", Advances in Science and Technology, 2008, 57, 166-169.
    • M. Chikae, T. Fukuda, K. Kerman, K. Idegami, Y. Miura, E. Tamiya, "Amyloid β-detection with saccharide immobilized gold nanoparticle on carbon electrode", Bioelectrochemistry, 2008, 74, 118-123.
    • Y. Miura, C. You, R. Ohnishi, "Inhibition of Alzheimer amyloid β aggregation by polyvalent trehalose", Sci. Technol. Adv. Mat., 2008, 9, 24407.
    • Y. Miura,”Practical application of sugar microarray”,Trends in Glycosci & Glycotech, 2008, 20, 227.
    • T. Fukuda, S. Onogi, Y. Miura, "Preparation and Properties of Dendritic sugar Immobilized Surface", Trans. Mat. Res. Soc. Jpn., 2008, 33, 733.
    • Y. Miura, S. Onogi, K. Yamamoto, "Synthesis of Glycodendrimer via Click Chemistry and Protein Affinities", Trans. Mat. Res. Soc. Jpn., 2008, 33, 729.
    • Y. Miura, T. Yamauchi, H. Sato, T. Fukuda,“The Self-Assembled Monolayer of Saccharide via Click Chemistry: Formation and Protein Recognition”,Thin Solid Films, 2008, 516, 2443.
  • 2007年

    • T. Yonezawa, N. Shirahata, Y. Miura, "Trial of functionalization of silicon tip surface by Si-C bonding", Trans. Mat. Res. Soc. Jpn., 2007, 32, 767.
    • N. Wada, Y. Miura, K. Kobayashi, "Synthesis and biological properties of glycopolymer-polylactide conjugate", Trans. Mat. Res. Soc. Jpn., 2007, 32, 769.
    • 豊島 雅幸、大矢 健、三浦 佳子、小林 一清、”糖鎖修飾金微粒子の合成と生体機能解析”、 粉体および粉末冶金、2007, 54, 843.
    • Y. Miura, "Synthesis and Biological Application of Glycopolymers", Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry, 2007, 45, 5031.
    • Y. Miura, K. Yasuda, K. Yamamoto, M. Koike, Y. Nishida, K. Kobayashi, "Inhibition of Alzheimer Amyloid Aggregation? with Sulfated Glycopolymers", Biomacromolecules, 2007, 8, 2129.
    • V. Percec, E. Aqad, M. Peterca, M. R. Imam, M. Glodde, T. K. Bera, Y. Miura, V. S. K. Balagurusamy, P. C. Ewbank, F. Wurthner, P. A. Heiney,“Self-Assembly of Semifluorinated Minidendrons Attached to Electron-Acceptor Groups into Pyramidal Columns”,Chem. Eur. J., 2007, 13, 3330
    • H. Sato, Y. Miura, N. Saito, K. Kobayashi, O. Takai,“Fibroblastic Microfabrication by Molecular Recognition on Substrates”,Surf. Sci., 2007, 601, 3871.
    • H. Sato, Y. Miura, N. Saito, K. Kobayashi, O. Takai,“A Micropatterned Multifunctional Carbohydrate Display by an Orthogonal Self-Assembling Strategy”,Biomacromolecules, 2007, 8, 753-756.
    • Y. Miura, D. Koketsu, K. Kobayashi,“Synthesis and Properties of a Well-Defined Glycopolymer via Living Radical Polymerization”Polym. Adv. Tech, 2007, 18, 647-651.
  • 2006年

    • V. Percec, M. Glodde, M. Peterca, A. Rapp, I. Schnell, H. W. Spiess, T.K. Bera, Y. Miura, V. S. K. Balagurusamy, E. Aqad, P. A. Heiney,“Self-Assembly of Semifluorinated Dendrons Attached to Electron-Donor Groups Mediates Their pi-Stacking via a Helical Pyramidal Column", Chem. Eur. J., 2006, 12, 6298.
    • Y. Miura, The Development and the Character of Saccaride Biosensors”Trends in Glycosci & Glycotech, 2006, 18, 349.
    • Y. Miura, C. Shibata, K. Kobayashi,“Theremoresponsive Self-Assembly of Short Elastin-Like Peptides”Trans. Mat. Res. Soc. Jpn., 2006, 31, 549.
    • H. Sato, Y. Miura, T. Yamauchi, K. Kobayashi, N. Saito, O. Takai,“Carbohyrate Microarray by Click Chemistry”Trans. Mat. Res. Soc. Jpn., 2006, 31, 659.
    • Y. Miura, A. Sakaki, M. Kamihira, S. Iijima, K. Kobayashi,“A globotriaosylceramide (Gb3Cer) mimic peptide isolated from phage display library expressed strong neutralization to Shiga toxins”BBA 2006 1760, 883.
    • Y. Yamada, Y. Miura, A. Sakaki, T. Yoshida, K. Kobayashi,“Design of multifunctional peptides expressing both antimicrobial activity and shiga toxin neutralizing activity”Bioorg. Med. Chem. 2006, 14, 77.
    • N. Shirahata, A. Hozumi, Y. Miura, K. Kobayashi, Y. Sakka, T. Yonezawa,“An efficient matrix that resists the nonspecific adsorpation of protein to fabricate carbohydrate arrays on silicon”Thin Solid Films, 2006, 499, 213.
  • 2005年

    • V. Percec, A. Dulcey, M. Peterca, M. Ilies, Y. Miura, U. Edlund, P. A. Heiney,“Helical porous protein mimics self-assembled from amphiphilic dendritic dipeptides”Aust. J. Chem. 2005, 58, 472.
    • Y. Shingu, A. Miyachi, Y. Miura, K. Kobayashi, Y. Nishida,“One-pot a-glycosylation pathway via the generation in situ of a-glycopyranosyl imidates in N, N-dimethylformamide”Carbohydr. Res. 2005, 340, 2236.
  • 2004年

    • V. Percec, A. E. Dulecy, V. S. K. Bulagurusamy, Y. Miura, J. Samidrkal, M. Peterca, S. Nummelin, U. Edlund, S. D. Hudson, P. A. Heiney, H. Duan, S. N. Magonov, S. A. Vinogradov,“Self-Assembly of amphiphilic dendritic dipeptides into helical pores”Nature 2004, 430, 764.
    • Y. Miura, H. Sato, T. Ikada, H. Sugimura, O. Takai, K. Kobayashi,“Micro-patternd Carbohydrate Displays by Self-Assembly of Glycoconjugate Polymers on Hydrophobic Templates on Silicon”Biomacromolecules 2004, 5, 1708.
    • Y. Miura, N. Wada, Y. Nishida, H. Mori, K. Kobayashi,“Chemoenzymic Synthesis of Glycoconjugate Polymers Starting from Non-reducing Disaccharides”J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem. 2004, 42, 4598.
    • Y. Miura, Y. Sasao, M. Kamihira, A. Sakaki, S. Iijima, K. Kobayashi,“Peptides binding to a Gb3 mimic selected from a phage library”Biochim. Biophys. Acta 2004, 1673,131.
    • VM. Suzuki, Y. Nishida, Y. Ohguro, Y. Miura, A. Tsuchida, K. Kobayashi,“Synthesis and characterization of asymmetric o-and m-nitrobenzoic aids with a 1,3-benzodioxole skeleton”Tetrahedron Assym. 2004, 15, 159.
  • 2003年

    • Y. Miura, T. Ikeda, N. Wada, K. Kobayashi,“Chemoenzymatically synthesis of a Multivalent Aminoglycoside”Macromol. Biosci. 2003, 3, 662.
    • N. Shirahata, T. Yonezawa, Y. Miura, K. Kobayashi, K. Komoto,“Patterned Adsorption of Protein onto Carbohydrate Monolayer Immobilized on Si",br>Lanmuir, 2003, 19, 9107.
    • Y. Miura, T. Ikeda, N. Wada, K. Kobayashi,“Chemoenzymatic synthesis of glycoconjugate polymers: greening the synthesis of biomaterials”Green Chem., 2003, 5, 610.
    • I. Shiyanovskaya, K. D. Singer, V. Percec, T. K. Bera, Y. Miura, M. Glodde,“Charge transport in hexagonal columnar liquid crystals self-organized from supramolecular cylinders based on acene-functionalized dendron”Phys. Rev. B., 2003, B67, 035204.
    • Y. Miura, T. Ikeda, K. Kobayashi,“Chemoenzymatically synthesized glycoconjugate polymers”Biomacromolecules 2003, 4, 410.
  • 2002年

    • Y. Miura, Y. Sasao, H. Dohi, Y. Nishida, K. Kobayashi,“Self-assembled monolayers of globotriaosylceramide (Gb3) mimics: Surface specific affinity with shiga toxins”Anal. Biochem, 2002, 310, 27.
    • V. Percec, M. Glodde, T. K. Bera, Y. Miura, I. Shiyanovskaya, K. D. Singer, V. S. K. Balagurusamy, P. A. Heiney, L. Schnell, A. Rapp, H. W. Spiess, S. D. Hudson, H. Duan,“Self-organization of supramolecular helical dendrimers into complex electronic materials”Nature 2002, 419, 384.
  • 2001年

    • Y. Miura, G.-C. Xu, S. Kimura, S. Kobayashi, M. Iwamoto, Y. Imanishi, J. Umemura,“Multilayer formation of oriented helical peptides glued by hydrogen bonding”Thin Solid Films, 2001, 393, 59.
  • 2000年

    • S. Kimura, Y. Miura, T. Morita, S. Kobayashi, Y. Imanishi,“Preparation and Functions of Self-Assembled Monolayers of Helix Peptides”J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem. 2000, 38, 4826.
    • Y. Miura, S. Kimura, S. Kobayashi, Y. Imanishi, J. Umemura,“Cation recognition by self-assembled monolayers of oriented helical peptides having a crown ether unit”Biopolymers, 2000, 55, 391.
  • 1999年

    • Y. Imanishi, Y. Miura, M. Iwamoto, S. Kimura, J. Umemura,“Surface potential generation by helical peptide monolayers and multilayers on gold surface”Proc. Jpn. Acad. Ser. B 1999, 75B, 287.
    • Y. Miura, S. Kimura, S. Kobayashi, M. Iwamoto, Y. Imanishi, J. Umemura,“Negative surface potential produced by self-assembled monolayers of helix peptides oriented vertically to a surface”Chem. Phys. Lett. 1999, 315, 1.
    • Y. Miura, S. Kimura, Y. Imanishi, J. Umemura,“Oriented helical peptide layer on the carbohydrate-terminalted alkanethiol immobilized on a gold surface”Langmuir, 1999, 15, 1155.
  • 1998年

    • Y. Miura, S. Kimura, Y. Imanishi, J. Umemura,“Formation of oriented helical peptide layers on a gold surface due to the self-assembling properties of peptides”Langmuir, 1998, 14, 6935.
    • Y. Miura, S. Kimura, Y. Imanishi, J. Umemura,“Self-assembly of a-helix peptide/crown ether conjugate upon complexation with ammonium-terminated alkanethiolate”Langmuir, 1998, 14, 2761.
    • Miura, Y.; Kimura, S.; Imanishi, Y.; Umemura, J.“分子認識部位を有するヘリックスペプチドの分子集合体の構築”物性研究 1998, 70, 101.
  • 1997年

    • S. Kimura, K. Fujita, Y. Miura, G.-C. Xu, Y. Miuraji, T. Kidchob, Y. Imanishi,“Peptide supramolecules”Curr. Top. Pept. Protein Res. 1997, 2, 137.
  • 1996年

    • Y. Imanishi, K. Fujita, Y. Miura, S. Kimura,“Supramolecular systems composed of a-helical peptides”Supramol. Sci. 1996, 3, 13.

星野友准教授の三浦研以前の業績

  • Y. Hoshino, H. Koide, T. Urakami, H. Kanazawa, T. Kodama, N. Oku, K. J. Shea, "Recognition, Neutralization, and Clearance of Target Peptides in the Bloodstream of Living Mice by Molecularly Imprinted Polymer Nanoparticles: A Plastic Antibody", J. Am. Chem. Soc., 2010, 132, 6644-6645.
  • Y. Hoshino, W. W. Haberaecker, III, T. Kodama, Z. Zeng, Y. Okahata, K. J. Shea, "Affinity Purification of Multifunctional Polymer Nanoparticles", J. Am. Chem. Soc., 2010, 132, 13648-13650.
  • Z. Zeng, Y. Hoshino, A. Rodoriguez, H. Yoo, K. J. Shea, Synthetic Polymer Nanoparticles with Antibody-Like Affinity for a Hydrophilic Peptide", ACS nano, 2010, 4, 199-204.
  • T. Kawasaki, M. Toyoda, Y. Hoshino, Y. Okahata, "Pulsed Ultrasound Effect on DNA Polymerase Reaction Monitored on a QCM", Chem. Lett., 2009, 38, 538-539.
  • Y. Hoshino, T. Urakami, T. Kodama, H. Koide, N. Oku, Y. Okahata, K. J. Shea, "Design of Synthetic Polymer Nanoparticles that Capture and Neutralize Toxic Peptide", Small, 2009, 5, 1562-1568.
  • Y. Hoshino, T. Kodama, Y. Okahata, K. J. Shea, Peptide Imprinted Polymer nanoparticles “Plastic Antibodies”,J. Am. Chem. Soc., 2008, 130, 15242-15243.
  • Y. Hoshino, T. Kawasaki, Y. Okahata, "Effect of Ultrasound on DNA Polymerase Reactions: Monitoring on a 27-MHz Quartz Crystal Microbalance", Biomacromolecules, 2006, 7, 682-685.
  • T. Kawasaki, Y. Hoshino, Y. Ishizu, Y. Mizushiro, Y. Okahata, "Control of Hydrolysis and Condensation Activities of Thermolysin by Ultrasound Irradiation", Chem. Lett., 2005, 34, 1602-1603.
  • Y. Hoshino, S. Tajima, H. Nakayama, Y. Okahata, "A RNA-aligned Film Prepared from a RNA-Lipid Complex", Macromol. Rapid Commun., 2002, 23, 253-255.
  • Y. Hoshino, H. Nakayama, Y. Okahata, "Preparations of a RNA-lipid Complex Film and Its Physical Properties", Nucleic Acids Res. Suppl., 2001, 1, 61-62.
  • K. J. Shea and Y. Hoshino, "Molecularly Imprinted Polymers. Synthetic Receptors for Small Molecules, Peptides and Proteins. The Evolution of a “Plastic Antibody” ", MedChem News 2009, 19, 12-16.
  • 星野 友、畑谷 成郎、原山 優子 "大学の外部変化への対応性-産学連携「革新力」を高める精度設計に向けて-"、経済産業研究所経済政策レビュー(8) 第7章、東洋経済新報社、2002.

国際学会発表

2019年

  • M.Kichize,Y.Miura,Y.Hoshino,Precise Synthesis of Glycopolymer and Its Function,Poster,Pacific polymer Conference,12/2019
  • Y.kimoto,Y.Terada,Y.Hoshino,Y.Miura,Screening Glycopolymer with Hydrophobic Groups for Detection of Cholera Toxin,Poster,Pacific polymer Conference,12/2019
  • Y.Miura,De Novo Designed Glycopolymer via Living Radical Polymerization,Poster,Pacific polymer Conference,12/2019
  • Y.Hoshino,Active proton transport by synthetic polymer nanoparticles,Oral,2nd G'L'owing Polymer Symposium in KANTO,11/2019
  • H.Matsumoto,Y.Hoshino,T.Iwai,M.Sawamura,Y.Miura,Polystyrene-Phosphine Monolith for Transition-Metal Catalysis in Flow Synthesis,Poster,SKYsymposium,11/2019
  • H.Takimoto,S.Taniguchi,Y.Hoshino,Y.Miura,Preparation of Oligomer Ligand Neutralizing Toxicity of Target Peptide via Aqueous Phase Radical Polymerization,Oral,2019 JTK conference,11/2019
  • K.Nobuhiro,S.Aki,Y.Hoshino,Y.Miura,Study of Cell Separation Method Based on Size and Deformability Using Metal Mesh Device,Oral,2019 JTK conference,11/2019
  • Y.Terayama,K.Katafuchi,J.Matsuda,G.Inoue,Y.Miura,Y.Hoshino,Separated Gas-Water Phases Structure of Aeroporous Hydrogel Film for CO2 Capture under Humid Condition,Oral,APCChE2019,9/2019
  • S.Aki,K.Nobuhiro,Y.Hoshino,Y.Miura,Separation of blood cells using Metal Mesh device,Poster,APCChE2019,9/2019
  • H.Matsumoto,Y.Hoshino,T.Iwai,M.Sawamura,Y.Miura,Transition-metal catalysis in flow system using biphasic solvent:Macroporous polystyrene supporting palladium-phosphine complex,Oral,APCChE2019,9/2019
  • Kota,Katafuchi,Y.Terayama,J.Matsuda,G.Inoue,Y.Miura,Y.Hoshino,Effects of filler characteristics for CO2 capture kinetic by aeroporpus hydrogel film,Poster,APCChE2019,9/2019
  • Haruka Hattori,H.Matsumoto,Y.Hoshino,Y.Miura,Development of Macroporous Polymer Monolith lmmobilized L-Proline-Based Organocatalyst and Application to Flow Asymmetric Aldol Addition Reaction,Oral,APCChE2019,9/2019
  • K.Nobuhiro,S.Aki,Y.Hoshino,Y.Miura,Cell separation with metal mesh device,Poster,APCChE2019,9/2019
  • H.Matsumoto,Y.Hoshino,T.Iwai,M.Sawamura,Y.Miura,Application of Macroporous Polystyrene-Triphenylphosphine Monolith to Palladium-Catalyzed Cross-Coupling Reaction in Flow System,Oral,ISPC2019,7/2019
  • Y. Hoshino, Preparation of Defectless Hydrogel Nanomembranes for CO2 Separation by Microgel Particles, Oral,2019 MRS SPRING MEETING & EXHIBIT, 4/2019
  • Y.miura, H.Seto, M.Shibuya, Y.Hoshino,Biopolymer monolith for protein separation , Oral,Nanolithography of Biointerfaces Faraday Discussion,7/2019

2018年

  • H. Hattori, H. Matsumoto, Y. Hoshino, Y. Miura, Development of macroporous polymer monolith containning L-proline-based organocatalyst and application to flow asymmetric aldol addition reaction, Oral,ISChE2018, 12/2018
  • H. Takimoto, S. Taniguchi, Y. Hoshino, Y. Miura, Development of polymer ligand for recognation of target toxic peptide, Poster,ISChE2018, 12/2018
  • K.Jono,S.Sonoda,M.Nagao,Y.Hoshino,Y.Miura,Controlling the molecular recognition of glycopolymers via distance arrangement of sugar blocks、IUPAC macro 2018,7/2018
  • M.Nagao,Y.Fujiwara,T.Matsubara,Y.Hoshino,T.Sato,Y.Miura,Design of Glycopolymers Carrying Sialyl Oligosaccharides and the Interaction with the Influenza Virus,IUPAC macro 2018,7/2018
  • Y.Miura,K.Jono,M.Nagao,Denovo Design of Glycopolymer,IUPAC macro 2018,7/2018
  • Y.Miura,H.Matsumoto,M.Shibuya,Polymer Gel for Biomimetic Reactor,IUPAC macro 2018,7/2018
  • Y.Miura,M.Nagao,K.Jono,Denovo Design of Glycopolymer,International Conference on Advanced Polymers Biomaterials, and Nanomedicine,IUPAC macro 2018,7/2018
  • M.Moribe,N.Gondo,M.Nakamoto,Y.Hoshino,Y.Miura, Increase of reversible salt absorption capacity of temperature-responsive hydrogel film consisting of nanogel particles,IUPAC macro 2018,7/2018

2017年

  • M. Nagao, A. Kubo, Y. Fujiwara [Keio Univ.], T. Matsubara [Keio.Univ.], Y. Hoshino, T. Sato [Keio Univ.], and Y. Miura, Design of Glycopolymers for Controlling the Interaction with Influenza Virus, 2017 Kyushu-Seibu/Pusan-Gyeongnam Joint Symposium on High Polymers (18th) and Fibers (16th) 12/2017
  • M. Moribe, N. Gondo, M. Nakamoto, Y. Hoshino, Y. Miura, Provement of Reversible Salt Absorption Efficiency of Temperature Responsive Gel Particle Composite Membrane, 2017 Kyushu-Seibu/Pusan-Gyeongnam Joint Symposium on High Polymers (18th) and Fibers (16th) 12/2017
  • R. Honda, T. Gyobu, H. Shimahara [JAIST], Y. Miura, Y. Hoshino, Effect of Composition of Gel Particles on the Immobilization of Carbonic Anhydrase, 2017 Kyushu-Seibu/Pusan-Gyeongnam Joint Symposium on High Polymers (18th) and Fibers (16th) 12/2017
  • S. Taniguchi, S. Katakami, Y. Yonamine, Y. Hoshino, Y. Miura, Effects of the Number of Functional Groups of Discrete Oligomer Ligands Affinity to Target Peptide, 2017 Kyushu-Seibu/Pusan-Gyeongnam Joint Symposium on High Polymers (18th) and Fibers (16th)
  • Y. Taguchi, Y. Terada, Y. Hoshino, Y. Miura, Cell Separation by Glycopolymer Modified Interface for Cell Separation, 2017 Kyushu-Seibu/Pusan-Gyeongnam Joint Symposium on High Polymers (18th) and Fibers (16th) 12/2017
  • K. Jono, M. Nagao, S. Sonoda, Y. Hoshino, Y. Miura, Controlling the molecular recognition of glycopolymer by the sugar chain arrangement, 2017 Kyushu-Seibu/Pusan-Gyeongnam Joint Symposium on High Polymers (18th) and Fibers (16th) 12/2017
  • T. Gyobu, R. Honda, K. Imamura, T. Yamashita, I. Taniguchi, Y. Miura, Y. Hoshino, Relationship between pKa of Amines in Microgel Particle Membranes and CO2Permeance, ポスター, 2017 AIChe Annual Meating10/2017
  • Y. Hoshino, T. Miyoshi, T. Jibiki, Y. Miura, Tuning pKa of Brønsted Acids in Stimuli Responsive Nanogel Particles by Proton- and Ion-Imprinting Strategy for Reversible Capture of Target Molecules, Affinity 2017, 6/2017
  • Y.Miura,Glycopolymer monolith for protein separation、ACS National Meeting
  • Y.Miura,Porous Gel Monolith Reactor、Asia Pacific Society for Materials Research Society, Green 2017
  • X.Cui,Y.Hoshino,Y.Miura,Polymeric Surface Modification on Model Teeth for Anti-biofouling. Presenter、The 15th Pacific Polymer Conference (PPC-15)
  • Y. Hoshino, T. Gyobu, R. Honda, K. Imamura, C. Yamashita, T. Watanabe, I. Taniguchi, Y. Miura, Development of Nanogel Membranes for CO2 Separation, ACS 253rd National Meeting 2017, 4/2017
  • Y. Hoshino, T. Jibiki, T. Miyoshi, M. Nakamoto, Y. Miura Tuning pKa Value of Bronsted Acids in Hydrogel Nanoparticles by Ion Imprinting Strategy Gelsympo 2017, 3/2017

2016年

  • Y.Miura,Glycosaminoglycan Mimimetic Polymer for Nanomedicine、Nanomedicine 2016
  • Y.Miura,Porous Glycopolymer Monolith for Protein Separation、Ewha Chemistry and Nanoscience International Symposium (ECNIS)
  • Y.Miura,H.Seto,Y.Hoshino,M.Shibuya,Selective Protein Separation Using Glycopolymer Interface、The 11th SPSJ International Polymer Conference
  • Y.Miura,Glycosaminoglycan Mimimetic Polymer for Nanomedicine、Nanomedicine 2016
  • Y.Miura,Glyco-Polymer Monolith for Protein Separation、Nanokorea
  • Y. Hoshino, M. Nakamoto, Y. Miura, Design of Synthetic Polymer Nanoparticles with Dynamic Functions as Enzymes, The 11th SPSJ International Polymer Conference, 12/2016
  • H. Matsumoto, H. Seto, Y. Hoshino, Y. Miura, Application of Macroporous Gel-based Monolith Reactor to Cross-Coupling Reaction, The 11th SPSJ International Polymer Conference, 12/2016
  • T. Oh, Y. Hoshino, Y. Miura, Synthesis and analysis of glycopolymers Self-assembly with response to concanavalin A, The 11th SPSJ International Polymer Conference, 12/2016
  • T. Miyoshi, M. Nakamoto, Y. Hoshino, Y. Miura, Active Proton Transport by Liquid Membrane of Temperature-Responsive Nanogel Particles, The 11th SPSJ International Polymer Conference, 12/2016
  • S, Katakami, Y. Hoshino, Y. Miura, Effect of functional groups distribution on the interaction between polymer aptamer and melittin, The 11th SPSJ International Polymer Conference, 12/2016
  • T. Akiyosi, H. Seto, Y. Hoshino, Y. Miura, Preparation of Pd-supported polymer nanogel with high catalytic activity and long life time, The 11th SPSJ International Polymer Conference, 12/2016
  • Y. Terada, H. Ise, Y. Hoshino, Y. miura, SPR Screening of Protein Recognition by Glycopolymers Synthesized via RAFT Polymerization, The 11th SPSJ International Polymer Conference, 12/2016
  • Y. Hoshino, T. Gyobu, K. Imamura, I. Taniguchi, and Y. Miura, Development of Nanogel Membranes for CO2 Separation, AMS10,7/2016

2015年

  • Y.Miura,Preparation of glyco-nanomaterials via RAFT living radical polymerization and application for biosensing、ACS national meeting
  • Y.Miura,Biosensing with Glycopolymer-Gold Conjugates, 7th Asian Community of Glycoscience Glycotechnoloty
  • Y.Miura,Syntheses and functions of glycosaminoglycan mimic polymers, Pacifichem
  • Y.Miura,Glycopolymer Nanomedicine with Glycosaminoglycan Mimic、ICMAT-IUMRA 2015
  • X. Cui, Y. Kojima, H. Seto, Y. Hoshino, Y. Miura, Inhibition of bacteria adhesion and protein adsorption on hydroxyapatite surface using PEG-Phosmer copolymers, Pacifichem 2015,12/2015
  • M. Nagao, Y. Kurebayashi, H. Seto, T. Tanaka, T. Takahashi, T. Suzuki, Y. Hoshino, Y. Miura, Synthesis of influenza virus-recognizing glycopolymer via RAFT polymerization and Copper-Catalyzed Azide-Alkyne Cycloaddition, Pacifichem 2015,12/2015
  • Y. Hoshino, M. Yue, T. Miyoshi, Y. Miura, Protein-mimic strategies to design hydrogel particles that reversibly captures target ions, Pacifichem 2015,12/2015
  • M. Nagao, T. Oh, H. Seto, T. Tanaka, T. Takahashi, T. Suzuki, Y. Hoshino, Y. Miura, Synthesis of well-defined glycopolymers bearing oligosaccharide using post-click chemistry, 7th Asian Community of Glycoscience Glycotechnoloty,11/2015
  • M. Nakamoto, Y. Hoshino, Y. Miura, Development of Multi-Functional Nanogel Particles as Hydrolysis Catalyst Polymers in Medicine and Biology, California, United States, 9/2015
  • Y. Hoshino, Design of Synthetic Polymer Nanoparticles that Recognize Target Molecules and Ions, Polymers in Medicine and Biology 2015 Sonoma Valley,9/2015

2014年

  • K. Imai, M. Yue, Y. Hoshino, Y. Miura, Development of hydrogel films that are consist of poly-vinylamine derivatives for carbon dioxide absorption, The 27th International Symposium on Chemical Engineering,12/2014
  • Y. Koujima, H. Seto, Y. Hoshino, Y. Miura, Inhibition of protein and bacteria adsorption on hydroxyapatite surface, The 27th international symposium on chemical engineering,12/2014
  • T. Yoneda, T. Morii, H. Seto, Y. Hoshino, Y. Miura, Pd-supported polymer nanoparticle immobilized silica membrane type reactor, The 27th International Symposium on Chemical Engineering,12/2014
  • Y. Miura, Y. Hoshino, K. Tamada, H. Seto, S. Shinohara, Y. Terada, Analysis of glycopolymer-brush structure on gold substrate using SPP spectroscopy, The 7th International Symposium on Surface Science,11/2014
  • M. Yue, Y. Hoshino, Y. Miura, Thermal Responsive Microgel Particle Based Films as CO2 Absorbent and Diffusion Behavior Study, IUMRS-International Conference on Electronic Materials (IUMRS-ICEM 2014),8/2014
  • H. Lee, Y. Wada, Y. Hoshino, Y. Miura, Study of Synthetic Polymer Ligands as Plastic Antibody, IUMRS-International Conference on Electronic Materials (IUMRS-ICEM 2014),8/2014
  • Y. Hoshino, R. Ohashi, Y. Miura, Development of Enzyme-Mimic Proton Transfer Systems, IUMRS-International Conference on Electronic Materials (IUMRS-ICEM 2014),8/2014
  • Y. Miura, Y. Hoshino, R. Ohashi, Preparation of Temperature Responsive Nanogels with Carboxylic Acids which Undergo Large and Reversible pKa Shift, IUMRS-International Conference on Electronic Materials (IUMRS-ICEM 2014),8/2014
  • Y. Mengchen, Y. Hoshino, Y. Miura, Temperature Responsive Microgel Particle as CO2 Absorbent: Detailed Study, The 15th IUMRS-International Conference in Asia (IUMRS-ICA 2014),8/2014
  • Y. Koujima, H. Seto, Y. Hoshino, Y. Miura, Biomacromolecular adsorption on oligoethyleneglycol modified dendrimer interfaces, IUMRS-ICA2014,8/2014
  • Y. Terada, T. Endo, H. Seto, H. Hisamoto, Y. Hoshino, Y. Miura, 2D photonic crystal biosensor immobilized with sugar incorporating nanogelparticles,248th ACS National Meeting,8/2014
  • M. Nakamoto, Y. Hoshino, Y. Miura, Correlation between protein binding process of nanogel particles and facilitation of protein refolding,248th ACS National Meeting,8/2014
  • H. Koide, Y. Hoshino, Y. Nishimura, Y. Miura, N. Oku, Kenneth Shea, Synthetic polymer nanoparticle with engineered affinity for a vascular endothelial growth factor ,248th ACS National Meeting,8/2014
  • T. Fukuta, H. Koide, Y. Miura, Y. Hoshino, Kenneth J Shea, N. Oku, Development of anti-high mobility group box-1 synthetic polymer nanoparticles for the treatment of cerebral ischemia reperfusion,248th ACS National Meeting,8/2014
  • Yoke Ming Wong, Y. Hoshino, Kumar Sudesh, Yoshiko Miura, Keiji Numata, Enzyme-Like amidolytic catalysis from optimized poly(N-isopropylacrylamide) microgel,248th ACS National Meeting,8/2014
  • Y. Hoshino, R. Ohashi, Y. Miura, Development of liquid membranes consisting of aqueous solution of proton-imprinted nanogel particles for heat-induced ion separation,248th ACS National Meeting,8/2014
  • H. Lee, Y. Wada, Y. Hoshino, Y. Miura, Design of synthetic polymer ligands that recognize and capture target peptides with multipoint interactions, Polymers and Organic chemistry 2014 (POC2014),6/2014

2013年

  • M. Nakamoto, Y. Hoshino, Y. Miura, Effect of physical properties of NPs on target protein recognition process. ICFPAM 2013, Auckland, New Zealand, 12/2013
  • Y. Hoshino, R. Ohashi, Y. Miura, Preparation of Proton Imprinted Nanoparticles with Switchable pKa Values: Toward Plastic Enzymes, MRS Fall Meeting,12/2013

2012年

  • H. Seto, M. Takara, Y. Hoshino, Y. Miura, Surface Modification of Siliceous Materials Using Maleimidation and Glycopolymer Synthesized by Reversible Addition Fragmentation Chain Transfer Polymerization, 2012 MRS Fall Meeting,11/2012
  • M. Takara, Y. Hoshino, Y. Miura, Biosensing-application with Glycopolymer-substituted Gold Nanoparticles, 2012 MRS Fall Meeting,11/2012
  • Y. Miura, H. Seto, Y. Ogata, Y. Hoshino, Protein Separation with Glycopolymer Modified Siliceous Materials, IUMRS-ICEMS 2012,2012.09.26. Mengchen Yue, Y. Hoshino, Yoshiko Miura, Development of Hish-Efficient CO2 adsorbent by using Phase Transition of Nanoparticles Containing Amine Groups, IUMRS-ICEMS 2012,9/2012
  • M. Nakamoto, Y. Hoshino, Y. Miura, The Kinetics of Concanavalin a Binding to Poly-N-Isopropylacrylamide Nanoparticles that are Functionalized with Mannose, International Association of Colloid and Interface Scientists, Conference (IACIS2012) Sendai, 5/2012
  • M. Sugimoto, T. Takei, Y. Hoshino, Y. Miura, Specific Biological Interaction of Glyco-Dendrimer Interface, International Association of Colloid and Interface Scientists, Conference (IACIS2012) Sendai, 5/2012
  • H. Seto, Y. Ogata, Y. Hoshino, Y. Miura, Facile Technique for Preparation of Protein-Recognizable Surface Using Glycopolymer with Silane Coupling Reagent. International Association of Colloid and Interface Scientists, Conference (IACIS2012) Sendai, 5/2012
  • M. Yue, Y. Hoshino, Y. Miura. Development of High-Efficient CO2 Adsorbent by Using Phase Transition of Nanoparticles Containing Amine Groups IUMRS-International Conference on Electronic Materials (IUMRS-ICEM 2012) The Materials Research Society of Japan (MRS-J),9/2012
  • Y. Hoshino, M. Nakamoto, Y. Miura, Influence of Polymer Density of Plastic Antibodies on Target Binding Kinetics. 243th ACS National Meeting, The 11th International Symposium on Biorelated Polymers. POLY004 3/2012

2011年

  • Y. Hoshino, Plastic Antibodies: Development and Applications. ASAM-3 2B12, 12/2011
  • M. Sugimoto, Y. Hoshino, Y. Miura, Adsorption of Proteins and Bacterium on Glyco-dendrimer, The 3rd Yeungnam University-Kyushu University Joint Symposium on Chemical Engineering, 12/2011
  • M. Sugimoto, Y. Hoshino, Y. Miura, Orientation Control of E. Coli with Glyco-Dendrimer, ISCE-2011 Korea,11/2011
  • Y. Hoshino, H. Koide, D. Oyama, Y. Yonamine, L. Shih-hui, Y. Miura, N. Oku, K. J. Shea, Design of plastic antibodies for major mediators of death in sepsis, English Session of 60th Symposium of Macromolecules, 9/2011
  • Y. Hoshino and Y. Miura, Contribution of Viscoelastisity of Plastic Antibodies on the Target Binding Kinetics. English Session of the 60th SPSJ Annual Meeting, Osaka, 5/2011
  • K. Yoshimatsu, B. Lesel, Y. Hoshino, and K. J. Shea, Interactions between designed synthetic polymer nanoparticles and a toxic peptide: toward understanding of factors behind the high affinity. ACS National Meeting Spring 2011, Anaheim, 3/2011
  • Y. Yonamine, Y. Hoshino, T. Yokoyama, K. Shimizu, N. Oku, and K. J. Shea, Synthetic Polymer Nanoparticles that Capture the Antigen Protein of Japanese Cedar Pollen Allergy. ACS National Meeting Spring 2011, Anaheim, 3/2011
  • M. Wada, Y. Miyazawa, Y. Hoshino, and Y. Miura, Specific Biological Ability of Trehalose and Multivalent Trehalose on A aggregation. ACS National Meeting Spring 2011, Anaheim, 3/2011
  • Y. Hoshino, H. Koide, D. Oyama, Y. Yonamine, S. –H. Lee, N. Oku, and K. J. Shea, Design of Polymer Nanoparticles that Are Capable of Neutralizing Toxicity of Fetal Proteins, Abstracts of Papers of the American Chemical Society, 241, 200-POLY, 3/2011
  • S. -H. Lee, Y. Hoshino, R. A. Doong, and K. J. Shea, Development of Plastic Nanoparticles that Capture Antibodies: Plastic Protein A, Abstracts of Papers of the American Chemical Society, 241, 179-POLY, 3/2011

2010年

  • Y. Hoshino, T. Kodama, Y. Okahata, and K. J. Shea, Affinity Separation of Stimuli Responsive Peptide-Receptor Nanoparticles: Towards a Monoclonal “Plastic” Antibody, Abstracts of Papers of the American Chemical Society, 239, 832-ORGN, 3/2010

2009年

  • Y. Hoshino, H. Koide, T. Kodama, T. Urakami, N. Oku, Y. Okahata, and K. J. Shea, Design of Polymer Nanoparticles to Capture and Neutralize the Toxic Peptide Melittin, Abstracts of Papers of the American Chemical Society, 238, 273-COLL, 5/2009
  • Y. Hoshino, T. Urakami, T. Kodama, H. Koide, N. Oku, Y. Okahata, and K. J. Shea, Preparation of High Affinity Plastic Antibodies by Molecular Imprinting and Affinity Purification - Preparation of Plastic Polyclonal Antibodies for Melittin, English Session of the 58th SPSJ Annual Meeting, Kobe, 5/2009
  • Y. Hoshino, T. Urakami, T. Kodama, H. Koide, N. Oku, Y. Okahata, and K. J. Shea, Design of Polymer Nanoparticles that Capture Hemolytic Peptides by Optimizing Functional Monomers - Preparation of Plastic Antisera for Melittin, English Session of the 58th SPSJ Annual Meeting, Kobe, 5/2009

2005年

  • Y. Hoshino, T. Kawasaki, and Y. Okahata, Analysis of Weak Ultrasound Effect on DNA Polymerase Activity Using a Quartz Crystal Microbalance (QCM). Pacifichem 2005, Honolulu Hawai, 12/2005

2003年

  • Y. Hoshino, T. Kawasaki, and Y. Okahata, Control of Lysozyme Activity by Weak Ultrasound Irradiation, First International Symposium on Biomolecular Chemistry (ISBC2003), Awaji Japan, 12/2003

2001年

  • Y. Hoshino, S. Tajima, H. Nakayama, and Y. Okahata, Preparation of a RNA-Lipid Complex Film and Its Physical Properties, The 28th Symposium on Nucleic Acids Chemistry, Yokohama Japan, 11/2001

国内学会発表

2020年

  • 齋藤 勇輔、明石 壮太郎、星野 友、三浦 佳子「分子認識部位として均一合成オリゴマーリガンドを利用したプラスチック抗体の開発」口頭発表、令和2年度九州地区高分子若手研究会・冬の講演会 12/2020
  • 井本 知希、松本 光、星野 友、三浦 佳子「TEMPO 触媒を固定したゲルモノリスによるアルコールのフロー酸化」口頭発表、令和2年度九州地区高分子若手研究会・冬の講演会 12/2020
  • 安藝 翔馬、星野 友、三浦 佳子「表面に階層構造を有するアクリル系微多孔膜を用いたCO2分離膜の開発」口頭発表、化学工学会第51回秋季大会9/2020
  • 松本 光、星野 友、三浦 佳子、岩井 智弘、澤村 正也「ホスフィンリガンドを固定した多孔質モノリスによる精密フロー合成」口頭発表、化学工学会第51回秋季大会9/2020
  • 本田 竜太朗、浜崎 央、三浦 佳子、星野 友「様々なCO2分圧においてCO2を可逆吸収可能な温度応答性アミン含有マイクロゲル粒子の設計」口頭発表、化学工学会第51回秋季大会9/2020
  • 延廣 一樹、星野 友、三浦 佳子「精密金属メッシュを応用した細胞の分離・分析デバイス開発へ向けた検討」口頭発表、化学工学会第51回秋季大会9/2020
  • 野中 聖也、服部 春香、松本 光、星野 友、三浦 佳子「触媒固定化多孔質モノリスを充填したマイクロフローリアクターの開発」口頭発表、化学工学会第51回秋季大会9/2020
  • 堀井 涼雅、本田 竜太朗、安藝 翔馬、谷口 育雄、三浦 佳子、星野 友「低分子アミン含有CO2分離膜の揮発特性評価と揮発抑制化」口頭発表、化学工学会第51回秋季大会9/2020
  • 三浦 佳子、木元 優里、星野 友「PET-RAFT重合法を用いた糖鎖高分子ライブラリーの調製と生体機能解析」口頭発表、第69回高分子討論会9/2020
  • Takahiro Oh、Yu Hoshino、Yoshiko Miura「The influence of sugar structure on the self-assembly of double hydrophilic block glycopolymer in aqueous solution」口頭発表、第69回高分子討論会9/2020
  • 明石 壮太郎、星野 友、三浦 佳子「立体構造が均一な合成オリゴマーライブラリーの作製と標的ペプチドとの相互作用評価」口頭発表、第69回高分子討論会9/2020
  • 足立 莉乃香、星野 友、三浦 佳子「光機能性タンパク質を模倣するための光応答性ナノゲル粒子の作製と評価」口頭発表、第69回高分子討論会9/2020
  • 吉瀬 誠也、星野 友、三浦 佳子「糖鎖高分子の主鎖構造が分子認識に与える影響の検討」口頭発表、第69回高分子討論会9/2020
  • 植村 剛志、三浦 佳子、星野 友「水系PET-RAFT重合による糖鎖高分子ライブラリ合成」口頭発表、第69回高分子討論会9/2020
  • 齋藤 勇輔、明石 壮太郎、星野 友、三浦 佳子「分子認識部位として均一合成オリゴマーリガンドを導入したナノゲル粒子の開発」口頭発表、第69回高分子討論会9/2020
  • 王 尊弘、星野 友、三浦 佳子「水溶性糖鎖高分子による水中での自己集合」口頭発表、第30回バイオ・高分子シンポジウム7/2020
  • 齋藤 勇輔、明石 壮太郎、星野 友、三浦 佳子「分子認識部位として均一合成オリゴマーを導入したプラスチック抗体の開発」ポスター発表、第30回バイオ・高分子シンポジウム7/2020
  • 王 尊弘、星野 友、三浦 佳子「水中での水溶性糖鎖ブロック高分子集合体における糖構造の影響」口頭発表、第69回高分子学会年次大会5/2020
  • 本田 竜太朗、星野 友、三浦 佳子、Ngai To「マイクロゲルを用いたCO2応答性ピッカリングエマルションの開発」ポスター発表、第69回高分子学会年次大会5/2020
  • 明石 壮太郎、瀧本 日向、星野 友、三浦 佳子「プラスチック抗体のための構造が均一なオリゴマーライブラリーの作製」ポスター発表、第69回高分子学会年次大会5/2020
  • 植村 剛志、星野 友、三浦 佳子、木元 優里「水系PET-RAFT重合を用いた糖鎖高分子ライブラリの作製」口頭発表、第69回高分子学会年次大会5/2020
  • 齋藤 勇輔、明石 壮太郎、瀧本 日向、星野 友、三浦 佳子「均一オリゴマーを超可変ループとして用いたプラスチック抗体の開発」口頭発表、第69回高分子学会年次大会5/2020

2019年

  • 安藝 翔馬、星野 友、三浦 佳子「表面に階層構造を有するアクリル系微多孔膜を用いたCO2分離膜の開発」口頭発表、化学工学会第85年会3/2020
  • 劉 一達、中村 大輔、藤原 華奈、今村 和史、三浦 佳子、星野 友「高効率のCO2分離のための生体模倣マイクロパターン化膜」口頭発表、化学工学会第85年会3/2020
  • 松本 光、星野 友、三浦 佳子、岩井 智弘、澤村正也「ホスフィンリガンドを固定した多孔質モノリスによる精密フロー合成」口頭発表、化学工学会第85年会3/2020
  • 郭 本帥、三浦 佳子、星野 友「ナノゲル溶液の温度応答性pH変化を用いた温度差流動電池の開発」口頭発表、化学工学会第85年会3/2020
  • 野中 聖也、服部 春香、松本 光、星野 友、三浦 佳子「触媒固定化多孔質モノリスを充填したマイクロフローリアクターの開発」ポスター発表、化学工学会第85年会3/2020
  • 堀井 涼雅、今村 和史、星野 友、三浦 佳子「CO2分離の為の低分子アミン含有ナノゲル膜の安定性評価」ポスター発表、化学工学会第85年会3/2020
  • 安藝 翔馬、星野 友、三浦 佳子「微多孔膜材料へのマイクロモールディングによる階層構造作製とCO2分離膜応用 」口頭発表、第67回応用物理学会春季学術講演会3/2020
  • 三浦 佳子「親水性ブロック糖鎖高分子の水溶液中での自己組織化」口頭発表、第29回日本MRS年次大会11/2019
  • 王 尊弘、星野 友、三浦 佳子「水溶性糖鎖ブロック高分子の水中における自己組織化および粒径制御」ポスター発表、九州地区高分子若手研究会・冬の講演会11/2019
  • 植村 剛志、木元 優里、星野 友、三浦 佳子「水系PET-RAFT重合による糖鎖高分子ライブラリの作製」ポスター発表、九州地区高分子若手研究会・冬の講演会11/2019
  • 野中 聖也、服部 春香、松本 光、星野 友、三浦 佳子「触媒固定化多孔質モノリスを用いたマイクロフローリアクターの開発および輸送現象の解析」ポスター発表、九州地区高分子若手研究会・冬の講演会11/2019
  • 齋藤 勇輔、明石 壮太郎、瀧本 日向、星野 友、三浦 佳子「均一なアクリル酸オリゴマーリガンドを導入したナノゲル粒子の合成と評価」ポスター発表、九州地区高分子若手研究会・冬の講演会11/2019
  • 堀井 涼雅、今村 和史、安藝 翔馬、Liu Yida、本田 竜太朗、三浦 佳子、星野 友「長期安定性を担保したCO2分離の為のアミン含有ゲル粒子膜の開発」ポスター発表、九州地区高分子若手研究会・冬の講演会11/2019
  • 三浦 佳子「精密重合を基礎とした糖鎖高分子の設計」口頭発表、第68回高分子討論会9/2019
  • 三浦 佳子、崔 シンナン、星野 友「生体外マトリックスを固定化した歯科材料の細菌忌避活性評価」口頭発表、第68回高分子討論会9/2019
  • 星野 友、三好 孝明、仲本 正彦、三浦 佳子「イオン輸送タンパク質を模倣した刺激応答性高分子の設計」口頭発表、第68回高分子討論会9/2019
  • Yida Liu、安藝 翔馬、今村 和史、三浦 佳子、星野 友「Micro imprinting of polymeric membrane by direct short pulsed laser」口頭発表、第68回高分子討論会9/2019
  • 王 尊弘、星野 友、三浦 佳子「水溶性糖鎖ブロック高分子の水中における自己組織化およびその構造制御」」口頭発表、第68回高分子討論会9/2019
  • 瀧本 日向、谷口 昇平、星野 友、三浦 佳子「溶血ペプチドを中和するオリゴマーガンドの水中ラジカル重合」ポスター発表、第68回高分子討論会9/2019
  • 木元 優里、安藝 翔馬、星野 友、三浦 佳子「PET-RAFT重合を用いたコレラ毒素認識糖鎖高分子のためのライブラリスクリーニングシステムの開発」口頭発表、第68回高分子討論会9/2019
  • 明石 壮太郎、瀧本 日向、星野 友、三浦 佳子「プラスチック抗体の為のユニフォームオリゴマーライブラリーの作製」口頭発表、第68回高分子討論会9/2019
  • 足立 莉乃香、星野 友、三浦 佳子「バクテリオロドプシンを模倣した光応答性ナノゲル粒子の開発」口頭発表、第68回高分子討論会9/2019
  • 吉瀬 誠也、長尾 匡憲、星野 友、三浦 佳子「制御ラジカル重合による構造が精密に制御された糖鎖高分子の合成」口頭発表、第68回高分子討論会9/2019
  • 吉瀬 誠也「マルチブロック構造を有する糖鎖高分子の合成および機能評価」ポスター発表、第29回バイオ・高分子シンポジウム7/2019
  • 明石 壮太郎「量対数が均一なアクリル酸オリゴマーリガンドの立体構造が溶血ペプチド中和能に与える影響の評価」ポスター発表、第29回バイオ・高分子シンポジウム7/2019
  • 松本 光「多孔質モノリス内での液液二相系触媒的フロー合成」ポスター発表、第30回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会7/2019
  • 延廣 一樹「Metal Mesh Device の細胞分離・分析デバイスへの応用の基礎検討」ポスター発表、第30回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会7/2019
  • 野中 聖也「多孔質モノリスを用いた触媒的多段階フロー合成」ポスター発表、第30回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会7/2019
  • 片渕 航汰「短時間かつ高湿度下でCO2を回収可能なハイドロゲルフィルムの開発」口頭発表、化学工学会九州支部第24回学生賞審査会7/2019
  • 木元 優里、寺田 侑平、星野 友、三浦 佳子「コレラ毒素を認識する糖鎖高分子のスクリーニング解析」ポスター発表、第56回化学関連支部合同九州大会7/2019
  • 明石 壮太郎、瀧本 日向、星野 友、三浦 佳子「量対数が均一なアクリル酸オリゴマーの立体構造が溶血ペプチドとの相互作用に与える影響の評価」ポスター発表、第56回化学関連支部合同九州大会7/2019
  • 足立 莉乃香、三浦 佳子、星野 友「光機能性タンパク質を模倣したナノゲル粒子作製に向けた検討」ポスター発表、第56回化学関連支部合同九州大会7/2019
  • 吉瀬 誠也、星野 友、三浦 佳子「高収率マルチブロック重合技術を用いた糖鎖高分子の合成」ポスター発表、第56回化学関連支部合同九州大会7/2019
  • 延廣 一樹、安藝 翔馬、星野 友、三浦 佳子「制御した孔を持つ金属メッシュを応用した細胞分離の検討」ポスター発表、第56回化学関連支部合同九州大会7/2019
  • 寺山 友規、片渕 航汰、松田 潤子、井上 元、星野 友、三浦 佳子「短時間でCO2を吸収放散可能なエアロポーラスハイドロゲル材料の開発」口頭発表、九州地区高分子若手研究会・夏の講演会7/2019
  • 星野 友、谷口 昇平、片上 将、与那嶺 雄介、三浦 佳子「量対数が規定された多官能性オリゴマーライブラリーの調整と相互作用スクリーニング」口頭発表、第68回高分子学会年次大会5/2019
  • 寺山 友規、片渕 航汰、松田 潤子、井上 元、三浦 佳子、星野 友「乾式混合法によりカーボンブラックを複合化したハイドロゲルフィルムのCO2吸収・放散特性」口頭発表、第68回高分子学会年次大会5/2019
  • Takahiro Oh、Yu Hoshino、Yoshiko Miura「The effect of the glycopolymer length on the self-assembly of double-hydrophilic block glycopolymer」口頭発表、第68回高分子学会年次大会5/2019
  • 明石 壮太郎、瀧本 日向、谷口 昇平、星野 友、三浦 佳子「短分散アクリル酸オリゴマーのジアステレオマーの分離および溶血ペプチド中和能の評価」ポスター発表、第68回高分子学会年次大会5/2019
  • 足立 莉乃香、森部 十徳、星野 友、三浦 佳子「完全水中重合による光応答性ナノゲル粒子の作製および評価」ポスター発表、第68回高分子学会年次大会5/2019
  • 吉瀬 誠也、城野 一樹、長尾 匡憲、星野 友、三浦 佳子「リビングラジカル重合(LRP)を用いたマルチブロック糖鎖高分子の合成およびタンパク質との相互作用評価」ポスター発表、第68回高分子学会年次大会5/2019
  • 安藝 翔馬、神波 誠治、延廣 一樹・、田口 裕貴、星野 友、三浦 佳子「 金属メッシュデバイスを用いた血球通過・捕獲挙動の検討」化学工学会 第84年会
  • 延廣一樹、安藝翔馬、星野友、三浦佳子「金属メッシュデバイスを応用した細胞分離の基礎検討」ポスター発表、化学工学会第84年会
  • 片渕航汰、寺山友規、山下知恵、本田竜太朗、星野友、三浦佳子「ガス拡散層を導入したハイドロゲルフィルム内のフィラーの撥水性がCO2可逆吸収速度に与える影響」ポスター発表、化学工学会第84年会
  • 松本光、星野友、三浦佳子「パラジウム‐ホスフィン錯体を固定化した多孔質ポリスチレンモノリスを用いた液液二相系での触媒的フロー合成」口頭発表、化学工学会第84年会
  • 松本光、星野友、三浦佳子「活性なパラジウム錯体を選択的に形成するホスフィン固定化ポリスチレンの設計」口頭発表、化学工学会第84年会3/2019
  • 今村和史、星野友、三浦佳子「ナノゲル数層からなる欠陥のないガス分離膜の分析」口頭発表、化学工学会第84年会3/2019
  • 寺山友規、片渕航汰、星野友、三浦佳子「ガス透過性マイクロチャンネルを有するハイドロゲルフィルムのCO2吸収・放散特性」口頭発表、化学工学会第84年会3/2019

2018年

  • 安藝 翔馬、星野 友、三浦 佳子「金属メッシュ構造を用いた物理的パラメータによる細胞分離」口頭発表、第28回日本MRS年次大会12/2018
  • 三浦佳子、糖鎖の不思議を詰め込んだプラスチックをつくる、第16回日本糖質科学コンソーシアムシンポジウム11/2018
  • 崔 シン楠、村上 達也、田村 幸彦、青木 和広、星野 友、三浦 佳子「高分子コート材による細菌忌避活性と細胞付着促進機能を併せ持つチタン合金の開発」口頭発表、第40回日本バイオマテリアル学会大会11/2018
  • 三浦 佳子、安藝 翔馬、田口 裕貴、星野 友「金属メッシュデバイスを用いたバイオ工学分離機能の検討」口頭発表会、化学工学会第50回秋季大会9/2018
  • 服部 春香、松本 光、星野 友、三浦 佳子「プロリン含有多孔質高分子モノリスを用いたフロー不斉合成」ポスター発表、化学工学会第50回秋季大会9/2018
  • 松本 光、星野 友、三浦 佳子「高分子ゲル内における三点架橋型ホスフィンリガンドのpd触媒に対する配位挙動の制御」ポスター発表、化学工学会第50回秋季大会9/2018
  • 片渕 航汰、寺山 友規、山下 知恵、本田 竜太朗、星野 友、三浦 佳子「CO2吸収速度を向上させるナノゲル複合材料の開発」ポスター発表、化学工学会第50回秋季大会9/2018
  • 三浦 佳子、崔シンナン 、星野友 、青木和広、リン酸含有高分子を用いたスーパー歯とスーパーイ ンプラントの開発、第67回高分子討論会9/2018
  • Liu Yida、三浦 佳子、星野 友「Porous membranes with large surface areaprepared by phase inversion micro molding」口頭発表、第67回高分子討論会9/2018
  • 長尾 匡憲、星野 友、三浦 佳子「インフルエンザウイルスとの相互作用制御に向けた星型糖鎖高分子の合成」口頭発表、第67回高分子討論会9/2018
  • 長尾 匡憲、吉瀬 誠也、星野 友、三浦 佳子「短時間かつ高収率な水系RAFT重合による生体機能性マルチブロック高分子の合成」口頭発表、第67回高分子討論会9/2018
  • 森部 十徳、星野 友、 三浦 佳子「スピロピラン含有感温性ゲル粒子の合成と評価」口頭発表、第67回高分子討論会9/2018
  • 谷口 昇平、星野 友、三浦 佳子「Preparation and Evaluation of Discrete Synthetic Oligomer Ligands」口頭発表、第67回高分子討論会9/2018
  • 本田 竜太朗、星野 友、三浦 佳子「Investigation of Localization Effect of lonic Group in Gel Particles on Protein Recognition」口頭発表、第67回高分子討論会9/2018
  • 城野 一樹、長尾 匡憲、星野 友、三浦 佳子「Controlling the lectin recognition of glycopolymer by distance arrangement of sugar blocks」口頭発表、第67回高分子討論会9/2018
  • 瀧本 日向、谷口 昇平、長尾 匡憲、星野 友、三浦 佳子「Synthesis of Acrylic acid oligomer Ligands in the Presence of Biomolecules」口頭発表、第67回高分子討論会9/2018
  • 木元 優里、寺田 侑平、星野 友、三浦 佳子「コレラ毒素認識に向けた機能性官能基含有糖鎖高分子のスクリーニング解析」口頭発表、第67回高分子討論会9/2018
  • 安藝 翔馬、星野 友、三浦 佳子「金属メッシュデバイスを用いた細胞の微小間隙通過挙動解明のためのマイクロ流体デバイス開発」口頭発表、応用物理学会秋季学術講演会9/2018
  • 寺田 侑平、星野 友、三浦 佳子「GM1を模倣した糖鎖高分子の分子認識スクリーニング」ポスター発表、第12回バイオ関連化学シンポジウム9/2018
  • 安藝 翔馬、星野 友、三浦 佳子「金属メッシュデバイスを用いた浮遊細胞濃縮デバイスの開発」ポスター発表、第12回バイオ関連化学シンポジウム9/2018
  • 三浦佳子 長尾匡憲、城野一樹、糖鎖高分子のデノボデザイン、第37回日本糖質学会年会8/2018
  • 瀧本 日向、谷口 昇平、長尾 匡憲、星野 友、三浦 佳子「毒性ペプチドに相互作用するオリゴマーリガンドの生理的条件における重合」ポスター発表、第28回バイオ高分子シンポジウム7/2018
  • 木元 優里、寺田 侑平、星野 友、三浦 佳子「コレラ毒素認識に向けた糖鎖高分子スクリーニング」ポスター発表、第28回バイオ高分子シンポジウム7/2018
  • 服部 春香、松本 光、星野 友、三浦 佳子「多孔性高分子モノリスを用いたフローリアクターの開発」ポスター発表、第55回化学関連支部合同九州大会6/2018
  • 木元 優里、寺田 侑平、星野 友、三浦 佳子「コレラ毒素認識に向けた糖鎖高分子の網羅解析」ポスター発表、第55回化学関連支部合同九州大会6/2018
  • 片渕 航汰、山下 知恵、本田 竜太朗、三浦 佳子、星野 友「ゲル粒子塗布シートを積層させた温度スイング型CO2分離装置の設計と評価」ポスター発表、第55回化学関連支部合同九州大会6/2018
  • 瀧本 日向、谷口 昇平、長尾 匡憲、与那嶺 雄介、星野 友、三浦 佳子 「水中におけるアクリルアミドオリゴマーの重合制御のためのチオグリセロール誘導RAFT剤の合成と評価」口頭発表、第67回高分子学会年次大会5/2018
  • 木元 優里、寺田 侑平、星野 友、三浦 佳子 「表面プラズモン共鳴イメージング(SPRI)を用いた疎水基含有糖鎖高分子・タンパク質間相互作用のスクリーニング」口頭発表、第67回高分子学会年次大会、5/2018
  • 本田 竜太朗、行部 智洋、島原 秀登、三浦 佳子、星野 友 「炭酸脱水酵素固定化に向けたゲル粒子の調整と評価」口頭発表、第67回高分子学会年次大会5/2018
  • 郭 本帥、星野 友、山田 鉄兵、三浦 佳子 「Thermo-Electrochemical Cell Development by Using Temperature Responsive Nanogel」英語口頭発表、第67回高分子学会年次大会5/2018
  • 長尾 匡憲、久保 あかね、藤原 由梨奈、松原 輝彦、星野 友、佐藤 智典、三浦 佳子 「糖鎖高分子の構造設計によるインフルエンザウイルスとの相互作用制御」口頭発表、第67回高分子学会年次大会、5/2018
  • 片渕 航汰、本田 竜太郎、行部 智洋、山下 知恵、星野 友、三浦 佳子 「温度変化に応答して高速かつ低エネルギーでCO2を可逆吸収するナノゲル担持体の開発」ポスター発表、化学工学会第83年会3/2018
  • 服部 春香、松本 光、星野 友、三浦 佳子 「触媒的フロー合成を指向した多孔質高分子モノリスの開発」ポスター発表、化学工学会第83年会3/2018
  • 松本 光、星野 友、三浦 佳子 「パラジウムを固定化した多孔質オルガノゲルのフロー触媒合成への応用」ポスター発表、化学工学会第83年会3/2018

2017年

  • 片渕 航汰、山下 知恵、Yue Mengchen、星野 友、三浦 佳子 「温度変化に応答して高速にCO2を可逆吸収可能なゲルフィルム担持体の開発」ポスター発表、九州地区高分子若手研究会・冬の講演会11/2017
  • 松本 光、星野 友、三浦 佳子 「三点架橋配位を導入したオルガノゲルの金属触媒反応への応用」ポスター発表、九州地区高分子若手研究会・冬の講演会11/2017
  • 星野 友 「タンパク質を模倣したナノゲルの機能設計」口頭発表、ゲルワークショップ イン 松山9/2017
  • 三浦 佳子、松本 光、星野 友、多孔ゲルを用いたバイオミメティックリアクターの設計、第66回高分子討論会9/207
  • 長尾 匡憲、久保 あかね、藤原 由梨奈、松原 輝彦、星野 友、佐藤 智典、三浦 佳子 「シアリルラクトース含有糖鎖高分子の設計およびインフルエンザウイルスとの相互作用評価」ポスター発表、第66回高分子討論会9/2017
  • 森部 十徳、権藤 直樹、仲本 正彦、星野 友、三浦 佳子 「低温排熱により再生可能な脱塩用ナノゲル膜の塩収着量の大容量化」口頭発表、第66回高分子討論会9/2017
  • 本田 竜太朗、行部 智洋、今村 和史、山下 知恵、谷口 育雄、星野 友、三浦 佳子 「炭酸脱水酵素固定化ゲル粒子の開発」口頭発表、第66回高分子討論会9/2017
  • 谷口 昇平、片上 将、星野 友、三浦 佳子 「分子量が完全に均一な多官能性オリゴマーリガンドの開発」口頭発表、第66回高分子討論会9/2017
  • 田口 裕貴、寺田 侑平、星野 友、三浦 佳子 「細胞分離への応用を目指した糖鎖高分子界面の検討」口頭発表、第66回高分子討論会9/2017
  • 城野 一樹、園田 章太郎、星野 友、三浦 佳子 「マルチブロック糖鎖高分子の配列制御による分子認識能の設計」口頭発表、第66回高分子討論会9/2017
  • B.Guo、Y.Hoshino、T.Yamada、Y.Miura「Thermo-Electrochemical Cell Development by Using Temperature Resposive Nanogel」口頭発表、第66回高分子討論会9/2017
  • 地曵 俊紀、仲本 正彦、星野 友、三浦 佳子 「両イオン性ゲル粒子におけるタンパク質を模倣した可逆的なpKa制御」口頭発表、第66回高分子討論会9/2017
  • 与那嶺 雄介、平松 光太郎、伊藤 卓朗、井出口 拓郎、三浦 佳子、合田 圭介、星野 友 「安定同位体標識を用いた共鳴ラマン分光法による藻類の代謝追跡」口頭発表、第66回高分子討論会9/2017
  • 与那嶺 雄介、鈴木 祐太、伊藤 卓朗、王 光輝、相阪 有理、三浦 佳子、合田 圭介、小関 泰之、星野 友 「安定同位体標識を用いたラマンイメージングによる藻類の代謝追跡」口頭発表、第66回高分子討論会、9/2017
  • 三浦 佳子、松本 光、星野 友 「多孔ゲルを用いたバイオミメティックリアクターの設計」口頭発表、第66回高分子討論会9/2017
  •  
  • 久保田 小絵、星野 友、三浦 佳子 「金属メッシュを使用した細胞及び菌の分離手法の検討」口頭発表、化学工学会 第49回秋季大会9/2017
  • 松本 光、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「ゲル空間を有する多孔質材料のフロー触媒反応への応用」口頭発表、化学工学会 第49回秋季大会9/2017
  • 谷口 昇平、片上 将、星野 友、三浦 佳子 「分子量が完全に均一なプラスチックアプタマーの単離」ポスター、第27回バイオ・高分子シンポジウム7/2017
  • 城野 一樹、王 尊弘、長尾 匡憲、星野 友、三浦 佳子 「マルチブロック糖鎖高分子デノボデザインの検討」ポスター、第27回バイオ・高分子シンポジウム7/2017
  • 与那嶺 雄介、鈴木 祐太、伊藤 卓朗、蓮沼 誠久、王 光輝、相阪 有理、三浦 佳子、合田 圭介、小関 泰之、星野 友 「安定同位体標識を用いたラマンイメージング法による代謝追跡」口頭、第27回バイオ・高分子シンポジウム7/2017
  • 森部 十徳、権藤 直樹、仲本 正彦、星野 友、三浦 佳子 「温度応答性ゲル粒子からなる可逆脱塩材料の設計」ポスター、第54回化学関連支部合同九州大会7/2017
  • 本田 竜太朗、行部 智洋、今村 和史、山下 知恵、谷口 育雄、星野 友、三浦 佳子 「pKaの異なるゲル粒子を積層させた薄膜のCO2透過流速の律速段階の検討」ポスター、第54回化学関連支部合同九州大会、7/2017
  • 田口 裕貴、寺田 侑平、星野 友、三浦 佳子 「細胞分離膜の作製を目指した糖鎖高分子デノボデザインの検討」ポスター、第54回化学関連支部合同九州大会7/2017
  • 城野 一樹、王 尊弘、星野 友、三浦 佳子 「マルチブロック構造による糖鎖高分子デノボデザインの検討」ポスター、第54回化学関連支部合同九州大会7/2017
  • 山下 知恵、渡邉 猛、今村 和史、行部 智洋、本田 竜太朗、星野 友、三浦 佳子 「CO2/N2分離性能を有するアミン含有ゲル粒子塗布膜の耐久性評価」ポスター、第54回化学関連支部合同九州大会7/2017
  • 三浦佳子、規則的な構造を用いたセンシング材料、OEM研究会
  • K.Iijima、K.Komaru、Y.Hoshino、Y.Miura「Mineo Hashizume, Effect of Polymer Nanoparticles Presenting Carboxylic Acid Groups on Mineralization Process of Calcium Phosphate under Simulated Body Fluid Conditions」口頭発表、第66回高分子学会年次大会5/2017
  • 谷口 昇平、片上 将、星野 友、三浦 佳子 「毒性ペプチドと相互作用する均一オリゴマーの作製と評価」ポスター、第66回高分子学会年次大会5/2017
  • 田口 裕貴、寺田 侑平、星野 友、三浦 佳子 「糖鎖高分子を用いたバイオインターフェースの検討」ポスター、第66回高分子学会年次大会5/2017
  • 城野 一樹、王 尊弘、星野 友、三浦 佳子 「マルチブロック糖鎖高分子の配列制御と分子認識能の解析」ポスター、第66回高分子学会年次大会5/2017
  • Fan Wen、H.Matsumoto、Y.Hoshino、Y.Miura「 Preparation of thermally responsive porous monolith for CO2 reversible absorption」ポスター5/2017
  • T.Oh、Y.Hoshino、Y.Miura「Analysis of Polymer Micelles by Double Hydrophilic Block Glycopolymer」口頭発表、第66回高分子学会年次大会5/2017
  • M.Nagao、C.Tamoto、Y.Kurebayashi、D.Takahashi、T.Suzuki、Y.Hoshino、Y.Miura「Design of glycopolymer-ligands for efficient interaction with influenza viruses」口頭、第66回高分子学会年次大会5/2017
  • Y.Terada、H.Ise、Y.Hoshino、Y.Miura「Screening Molecular Recognition of Protein by Glycopolymer using SPRI」口頭発表、第66回高分子学会年次大会5/2017
  • Y.Yonamine、Y.Suzuki、T.Ito、T.Hasunuma、 K.Oh、Y.Aisaka、Y.Miura、K.Goda、Y.Ozeki、Y.Hoshino 「Metabolome monitoring of stable isotope-labeled algae by Raman spectroscopy」第66回高分子学会年次大会5/2017
  • 星野 友 「CO2の低コスト分離の為のCO2可逆吸収フィルムおよびCO2選択透過膜」口頭&ポスター、ファインケミカルジャパン2017 JST-ALCAゲームチェンジングマテリアルの創製4/2017
  • 森部 十徳、権藤 直樹、仲本 正彦、星野 友、三浦 佳子 「カチオン性ゲル粒子およびアニオン性ゲル粒子から成る温度応答性可逆脱塩材料の設計」ポスター、化学工学会 第82年会3/2017
  • 本田 竜太朗、行 部智洋、今村 和史、山下 知恵、谷口 育雄、星野 友、三浦 佳子 「複数のゲル粒子層からなるCO2/N2分離膜の調整と評価」ポスター、化学工学会 第82年会3/2017
  • 松本 光、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「サイズ制御されたゲルネットワークの流通式触媒反応への応用」ポスター、化学工学会 第82年会3/2017
  • 秋吉 孝則、松本 光、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「高活性および長寿命をもつPd担持ナノゲルの設計」ポスター、化学工学会 第82年会3/2017
  • 三好 孝明、仲本 正彦、星野 友、三浦 佳子 「温度応答性ナノゲル粒子液膜を用いた能動プロトン輸送システムの開発」ポスター、化学工学会 第82年会3/2017
  • 森部 十徳、権藤 直樹、仲本 正彦、星野 友、三浦 佳子 「イオン性ゲル粒子から成る温度応答性可逆脱塩材料の設計」口頭、第19回化学工学会学生発表会3/2017
  • 本田 竜太朗、行部 智洋、山下 知恵、今村 和史、谷口 育雄、星野 友、三浦 佳子 「pKaが異なるアミン含有ゲル粒子を積層させた膜のCO2透過流速の評価」口頭、第19回化学工学会学生発表会3/2017
  • 谷口 昇平、片上 将、星野 友、三浦 佳子 「毒性ペプチドに相互作用する均一オリゴマーの作製」口頭、第19回化学工学会学生発表会3/2017
  • 田口 裕貴、寺田 侑平、星野 友、三浦 佳子 「糖鎖高分子を用いたバイオインターフェースの開発」口頭、第19回化学工学会学生発表会3/2017
  • 城野 一樹、王 尊弘、長尾 匡憲、星野 友、三浦 佳子 「マルチブロック糖鎖高分子のシーケンスのコントロールと分子認識能の解析」口頭、第19回化学工学会学生発表会3/2017

2016年

  • 行部 智洋、今村 和史、山下 知恵、谷口 育雄、三浦 佳子、星野 友 「Evaluation of the CO2 separation membrane consisting of amine-containing gel particles」第26回日本MRS年次大会12/2016
  • 王 尊弘、星野 友、三浦 佳子「両親水性糖鎖ブロックポリマーによる新規ポリマーミセル」第26回日本MRS年次大会12/2016
  • 行部 智洋、今村 和史、山下 知恵、星野 友、谷口 育雄、三浦 佳子 「アミン含有ゲル粒子分離膜の pKa や膜厚がCO2分離能に与える影響」ポスター、膜シンポジウム2016 12/2016
  • 今村 和史、行部 智洋、山下 知恵、星野 友、谷口 育雄、三浦 佳子 「ナノゲル塗布膜の支持体が CO2分離性能に与える影響」ポスター、膜シンポジウム2016 12/2016
  • 星野 友、行部 智洋、今村 和史、山下 知恵、渡邉 猛、谷口 育雄、三浦 佳子 「ヘモグロビンや炭酸脱水酵素を模倣したCO2分離膜の設計」口頭、膜シンポジウム2016 12/2016
  • 本田 竜太朗、今村 和史、行部 智洋、山下 知恵、谷口 育雄、三浦 佳子、星野 友 「pKaが異なるアミン含有ゲル粒子を積層させた膜のCO2透過流速の評価」九州地区高分子若手研究会・冬の講演会11/2016
  • 田口 裕貴、寺田 侑平、星野 友、三浦 佳子 「糖鎖高分子ブラシの形成とバイオインターフェースの検討」11/2016
  • 城野 一樹、王 尊弘、園田 章太郎、長尾 匡憲、星野 友、三浦 佳子 「マルチブロック糖鎖高分子の合成と評価」11/2016
  • 行部 智洋、今村 和史、本田 竜太朗、山下 知恵、谷口 育雄、三浦 佳子、星野 友 「pKa制御されたアミン含有ゲル粒子分離膜のCO2透過性評価」九州地区高分子若手研究会・冬の講演会11/2016
  • 松本 光、瀬戸 弘一、秋吉 孝則、星野 友、三浦 佳子 「ミクロ空間反応場を制御したゲルモノリスリアクターの開発」九州地区高分子若手研究会・冬の講演会11/2016
  • 星野 友「プラスティック抗体のin vivoへの挑戦」口頭、日本バイオマテリアル学会シンポジウム2016、福岡国際会議場11/2016
  • 三浦 佳子、ナノゲル粒子の相転移と官能基反応性の制御-革新的分離材料の開発、第6回CSJフェスタ11/2016
  • 王 尊弘、星野 友、三浦 佳子 「両親水性糖鎖高分子が自己組織化してつくる構造の解」第65回高分子討論会9/2016
  • 地曵 俊紀、仲本 正彦、星野 友、三浦 佳子 「両イオン性ナノゲル粒子の作製およびpKa評価」第65回高分子討論会9/2016
  • 星野 友 「タンパク質の様な動的機能を有するハイドロゲル粒子の設計」第65回高分子討論会9/2016
  • 三浦 佳子、内村 明日香、瀬戸 弘一、星野 友 「高分子モノリスを用いた二酸化炭素分離吸収材料の開発と解析」化学工学会第48回秋季大会9/2016
  • 三浦佳子、糖鎖高分子ゲルの分子認識と機能、第35回日本糖質学会年会8/2016
  • 三浦佳子、歯界面の修飾によるスーパー 歯(スーパーティース)開発の取り組み、第49回歯工学連携講演会8/2016
  • 地曵 俊紀、仲本 正彦、星野 友、三浦 佳子 「両イオン含有ナノゲル粒子のpKa評価」第26回バイオ・高分子シンポジウム7/2016
  • 仲本 正彦、三浦 佳子、星野 友 「高分子ナノゲル粒子のタンパク質結合性設計に基づく凝集タンパク質のリフォールディング促進」第26回バイオ・高分子シンポジウム7/2016
  • 星野 友、権藤 直樹、地曳 俊紀、仲本 正彦、三浦 佳子 「異種のゲル粒子混合による温度応答性の塩吸収材料の開発」第26回バイオ・高分子シンポジウム7/2016
  • 郭 本帥、三好 孝明、仲本 正彦、星野 友、三浦 佳子 「温度応答性ナノゲルを用いた温度差電池の開発」第 27 回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会7/2016
  • 山下 知恵、今村 和史、行部 智洋、星野 友、三浦 佳子 「架橋固定化したアミン含有ゲル粒子フィルムのCO2可逆吸収速度の解析」第53回化学関連支部合同九州大会7/2016
  • 王 尊弘、長尾 匡憲、星野 友、三浦 佳子 「タンパク質に応答して分子集合体を形成する糖鎖高分子の作製」第53回化学関連支部合同九州大会7/2016
  • 地曵 俊紀、仲本 正彦、星野 友、三浦 佳子 「両イオン性ナノゲル粒子のpKa評価」第53回化学関連支部合同九州大会7/2016
  • 地曵 俊紀、仲本 正彦、星野 友、三浦 佳子 「タンパク質を模倣した機能性材料設計のための両イオン性ナノゲル粒子のpKa評価」平成28年度 九州地区高分子若手研究会・夏の講演会7/2016
  • 王 尊弘、園田 章大郎、長尾 匡憲、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「RAFTリビングラジカル重合を利用した糖鎖高分子機能材料」 第65回高分子学会年次大会5/2016
  • 集路 拓、片上 将、荒田 裕加、仲本 正彦、星野 友、三浦 佳子 「直鎖高分子の組成および分子量がIgGとの相互作用に与える影響の解析」第65回高分子学会年次大会5/2016
  • 星野 友、行部 智洋、今村 和史、山下 知恵、渡邉 猛、谷口 育雄、三浦 佳子 「CO2分離のためのナノゲルナノ膜の開発」第65回高分子学会年次大会5/2016
  • 松本 光、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「パラジウム触媒担持リアクターを目指した多孔質モノリスの作製および物性評価」化学工学会 第81年会3/2016
  • 仲本 正彦、星野 友、三浦 佳子 「多官能性ナノゲル粒子のpKaがリン酸エステル加水分解活性に与える影響」化学工学会 第81年会3/2016
  • 行部 智洋、濱崎 央、今村 和史、山下 知恵、星野 友、谷口 育雄、三浦 佳子 「アミン含有ゲル粒子膜の組成がCO2分離能に与える影響」化学工学会 第81年会3/2016
  • 権藤 直樹、地曵 俊紀、三好 孝明、仲本 正彦、星野 友、三浦 佳子 「酸性ゲル粒子および塩基性ゲル粒子からなる塩収着材料の開発」化学工学会 第81年会3/2016
  • 星野 友、行部 智洋、今村 和史、浜崎 央、山下 知恵、渡邉 猛、谷口 育雄、三浦 佳子 「アミン含有ゲル粒子のCO2選択透過膜への応用可能性の検討」化学工学会 第81年会3/2016
  • 松本 光、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「パラジウム触媒を担持した多孔質モノリスリアクターの作製」第18回化学工学会学生発表会3/2016
  • 集路 拓、片上 将、下原 新之介、仲本 正彦、星野 友、三浦 佳子 「IgG結合性の直鎖状高分子ライブラリーの調製および評価」第18回化学工学会学生発表会3/2016
  • 王 尊弘、園田 章大郎、長尾 匡憲、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「タンパク質を認識する分子集合体を目指した糖鎖高分子の作製」第18回化学工学会学生発表会3/2016
  • 行部 智洋、濱崎 央、今村 和史、山下 知恵、星野 友、三浦 佳子 「アミン含有ゲル粒子からなるCO2分離膜の開発」第18回化学工学会学生発表会3/2016
  • 星野 友 「ナノゲル粒子からなる二酸化炭素選択透過膜」JST-ALCA 新技術説明会3/2016

2015年以前

  • 2015年

    • 松本 光、秋吉 孝則、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「貴金属イオンを回収する多孔質モノリスの開発」平成27年度九州地区高分子若手研究会・冬の講演会12/2015
    • 地曵 俊紀、仲本 正彦、星野 友、三浦 佳子 「カルボン酸およびアミンを共重合したナノゲル粒子のpKa評価」平成27年度九州地区高分子若手研究会・冬の講演会12/2015
    • 長尾 匡憲、紅林 祐希、瀬戸 弘一、田中 知成、高橋 忠伸、鈴木 隆、星野 友、三浦 佳子 「強いインフルエンザウイルス阻害に向けた糖鎖高分子の合理的設計」平成27年度九州地区高分子若手研究会・冬の講演会12/2015
    • 三好 孝明、権藤 直樹、仲本 正彦、星野 友、三浦 佳子 「温度応答性ナノゲル粒子液膜を用いた能動的プロトン輸送機構の開発」膜シンポジウム11/2015
    • 星野 友 「生体のようにイオンやガスを識別するナノゲル融合材料」 第5回CSJ 化学フェスタ2015 10/2015
    • 片上 将、李 惠柱、下原 新之介、星野 友、三浦 佳子 「標的ペプチドを認識する高分子アプタマーの開発」高分子学会 第64回高分子討論会9/2015
    • 三好 孝明、権藤 直樹、仲本 正彦、星野 友、三浦 佳子 「温度応答性ナノゲル粒子を用いた能動的プロトン輸送」高分子学会 第64回高分子討論会9/2015
    • 三浦 佳子、長尾 匡憲、瀬戸 弘一、高良 正己、星野 友 「精密重合を利用した糖鎖高分子の合成とバイオインターフェースの開発」高分子学会 第64回高分子討論会9/2015
    • 瀬戸 弘一、秋吉 孝則、星野 友、三浦 佳子「反応場を制御したゲル粒子中のパラジウム触媒」化学工学会 第47回秋季年会9/2015
    • 澁谷 誠、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「生体分子分離のためのグライコモノリスの調製と応用」化学工学会 第47回秋季年会 9/2015
    • 星野 友、今村 和史、山下 知恵、Yue Mengchen、浜崎 央、三浦 佳子 「高効率な二酸化炭素分離の為のアミン含有ゲル粒子フィルムの大容量化」化学工学会 第47回秋季年会9/2015
    • 秋吉 孝則、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「Pd微粒子触媒の安定性を向上させるナノゲル担体の設計」化学工学会 第47回秋季年会9/2015
    • 長尾 匡憲、瀬戸 弘一、田中 知成、星野 友、三浦 佳子 「種々の糖鎖を含有する糖鎖高分子の合成およびその分子認識」第34回日本糖質学会年会8/2015
    • 片上 将、下原 新之介、李 惠柱、星野 友、三浦 佳子 「高分子アプタマーを目指したアクリル酸オリゴマーの精製」第25回バイオ・高分子シンポジウム7/2015
    • 三浦 佳子、瀬戸 弘一、澁谷 誠、星野 友 「多孔性糖鎖高分子による分離材料の開発」第25回バイオ・高分子シンポジウム7/2015
    • 秋吉孝則、瀬戸弘一、星野友、三浦佳子 「ナノゲル担体の網目によって高活性を保持するPd微粒子触媒」 第26回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会7/2015
    • 三好 孝、権藤 直樹、仲本 正彦、星野 友、三浦 佳子「様々なカルボン酸モノマーを導入したナノゲル粒子のpKa評価,第52回化学関連支部合同九州大会6/2015
    • 片上 将、下原 新之介、李 惠柱、星野 友、三浦 佳子 「標的ペプチドメリチンと相互作用を示すアクリル酸オリゴマーの精製」第52回化学関連支部合同九州大会6/2015
    • 李 惠柱、星野 友、三浦 佳子 「標的毒性ペプチドを特異的に認識・中和する合成高分子リガンドのカスタマイズ」平成27年度 九州地区高分子若手研究会・冬の講演会5/2015
    • 小丸 香奈恵、飯島 一智、星野 友、三浦 佳子、橋詰 峰雄 「擬似体液中でのリン酸カルシウムのミネラリゼーションにおけるカルボキシ基を有する高分子ナノ粒子の影響」第64回高分子学会年次大会5/2015
    • 長尾 匡憲、瀬戸 弘一、田中 知成、星野 友、三浦 佳子 「RAFT Linving radical polymerization of glycopolymers having various polymer backbones, and molecular recognition」高分子学会年次大会5/2015
    • 瀬戸 弘一、澁谷 誠、星野 友、三浦 佳子「糖鎖高分子を利用したタンパク質分離材料の開発」高分子学会年次大会5/2015
    • 浜崎 央、岳 梦晨、星野 友、三浦 佳子 「CO2分圧がアミン含有ゲル粒子フィルムのCO2吸収速度に与える影響」高分子学会年次大会5/2015
    • 崔 シン楠、國府島 由紀、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「Inhibition of Biofilm Adhesion on Hydroxyapatite Surface by Using PEG-Phosmer Copolymer」第64回高分子学会年次大会5/2015
    • 三好 孝明、権藤 直、仲本 正彦、星野 友、三浦 佳子 「疎水基含有カルボン酸を導入したナノ粒子の温度変化に応答したpKa変化」高分子学会年次大会5/2015
    • 仲本 正彦、星野 友、三浦 佳子 「ATP加水分解能を有する多官能性ナノゲル粒子の開発」高分子学会年次大会5/2015
    • 仲本 正彦、星野 友、三浦 佳子 「高分子ナノゲルのタンパク質結合性および 変性タンパク質リフォールディングの相関」化学工学会第80年会3/2015
    • Yue Mengchen、星野 友、三浦 佳子 「Kinetics study of CO2 capture-release process by thermal responsive microgel particles」化学工学会第80年会3/2015
    • 片上 将、下原 新之助、荒田 裕加、Haejoo LEE、星野 友、三浦 佳子 「アクリル酸オリゴマーの合成およびメリチンとの相互作用の評価」第17回化学工学会学生発表会 (徳島大会) 3/2015
    • 三好 孝明、権藤 直樹、仲本 正彦、星野 友、三浦 佳子 「N-acryloyl L-valineモノマーを導入したナノ粒子の合成条件がpKa変化幅に与える影響」第17回化学工学会学生発表会(徳島大会)3/2015
    • 秋吉 孝則、米田 玉弥、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「ナノゲル粒子担体の架橋密度が異なるPd固定化触媒の作製)」第17回化学工学会学生発表会 (徳島大会) 3/2015
  • 2014年

    • Xinnan Cui、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「Inhibition of Biofilm Adhesion on Hydroxyapatite Surface by Using PEG-Phosmer Copolymer」第24回日本MRS年次大会12/2014
    • 片上 将、下原 新之助、荒田 裕加、 Haejoo LEE、星野 友、三浦 佳子 「高分子アプタマーを目指したアクリル酸オリゴマーの合成と評価」平成26年度 九州地区高分子若手研究会・冬の講演会12/2014
    • 三好 孝明、権藤 直樹、仲本 正彦、星野 友、三浦 佳子 「N-acryloyl L-valineモノマーを導入したナノパーティクルの合成と評価」平成26年度 九州地区高分子若手研究会・冬の講演会12/2014
    • 秋吉 孝則、米田 玉弥、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「架橋密度の異なるナノ粒子を担体とするPd固定化触媒の開発」平成26年度 九州地区高分子若手研究会・冬の講演会 12/2014
    • Zhenyu Wu、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「インフルエンザウイルスの除去材料として糖鎖高分子の開発」平成26年度 九州地区高分子若手研究会・冬の講演会12/2014
    • 仲本 正彦、大橋 良平、権藤 直樹、星野 友、三浦 佳子 「温度応答性ナノゲル膜を用いたpH勾配の連続形成」膜シンポジウム11/2014
    • 瀬戸 弘一、渋谷 誠、三浦 佳子、星野 友 「糖鎖高分子を利用したタンパク質吸着材料の開発」第28回日本吸着学会研究発表会 10/2014
    • 國府島 由紀、Xinnan Cui、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「HAp基板上への生体分子の吸着を抑制する材料の開発」第28回日本吸着学会研究発表10/2014
    • 星野 友、Yue Mengchen、今井 健太、権藤 直樹、山下 知恵、三浦 佳子 「ナノゲルの体積相転移を利用した物質分離材料の開発」第63回高分子討論会9/2014
    • 瀬戸 弘一、米田 玉弥、星野 友、三浦 佳子 「塩基性高分子ナノゲル触媒の開発」第63回高分子討論会9/2014
    • 荒田 裕加、星野 友、三浦 佳子 「IgGを標的とした多官能性高分子ライブラリーの調製および評価」第63回高分子討論会 9/2014
    • 下原 新之助、和田 悠佑、Lee Haejoo、荒田 裕加、星野 友、三浦 佳子 「ペプチド結合能を有する多官能性ポリマーのアフィニティー精製および性能評価」第63回高分子討論会 9/2014
    • 権藤 直樹、今井 健太、大橋 良平、Yue Mengchen、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「酸性ナノ粒子および塩基性ナノ粒子からな塩吸収材の開発」第63回高分子討論会 9/2014
    • 星野 友、山下 知恵、大城 幸紀、三浦 佳子 「アミン含有ナノゲル膜の二酸化炭素分離性能に及ぼすナノゲル膜担持方法の影響」第46回化学工学会 秋季大会 9/2014
    • Yue Mengchen、星野 友、三浦 佳子 「Detail study about the thermo-responsive microgel particles as CO2 absorbents」第46回化学工学会 秋季大会 9/2014
    • 三浦佳子、米田玉弥、森井 崇人、瀬戸 弘一、星野 友 「固定化パラジウム触媒活性へのナノゲル担体組成の影響」化学工学会 第46回秋季大会 9/2014
    • 瀬戸弘一、神波誠治、近藤孝志、星野 友、三浦 佳子 「金属メッシュデバイスを利用した空気中の粒子状物質の検出」第46回化学工学会秋季大会 9/2014
    • Xinnan Cui、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「Inhibition of Biofilm Adhesion on Hydroxyapatite Surface by Using PEG-Phosmer Copolymer」第二十五回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会 7/2014
    • 星野 友、大橋 良平、Yue Mengchen、今井 健太、権藤 直樹、三浦 佳子 「大きなpKa変化を示すナノゲル粒子の合成とその応用」第24回バイオ・高分子シンポジウム 7/2014
    • 星野 友、与那嶺 雄介、吉松 啓一、Michelle Lee, Adam Weisman、仲本 正彦、荒田 裕加、Kenneth J. Shea、小出 裕之、奥 直人、和田 悠、 Heajoo Lee、下原 新之助、三浦 佳子 「ペプチド結合能を有する合成高分子リガンドの開発」第24回バイオ・高分子シンポジウム7/2014
    • 長尾 匡憲、Zhenyu Wu、瀬戸弘一、田中知成、星野 友、三浦佳子 「糖鎖高分子を用いたセンサーによる標的検出」第51回化学関連支部合同九州大会 6/2014
    • 権藤 直樹、今井 健太、大橋 良平、Mengchen Yue、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「酸性および塩基性のナノゲル粒子を混合した温度応答性高分子膜の作製および評価」第63回高分子学会年次大会 5/2014
    • 下原 新之介、和田 悠佑 、Haejoo Lee、星野 友、三浦 佳子 「ペプチド結合能を有する多官能性高分子のアフィニティー精製および機能評価」第63回高分子学会年次大会 5/2014
    • Haejoo Lee、和田 悠佑、星野 友、三浦 佳子 「Influences of functional group distribution within multifunctional copolymers on melittin neutralization activity」第63回高分子学会年次大会 5/2014
    • 今井 健太、星野 友、三浦 佳子 「アミンの構造が感温性ゲル粒子の二酸化炭素吸収に与える影響」第63回高分子学会年次大会 5/2014
    • 星野 友、大橋良平、三浦 佳子 「プロトンインプリントナノゲルのpKa変化幅に与える重合条件の影響」第63回高分子学会年次大会 5/2014
    • 長尾 匡憲、瀬戸弘一、星野 友、三浦佳子 「糖鎖高分子修飾金属メッシュデバイスによる標的検出」第63回高分子学会年次会5/2014
    • 中村直志、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「硫酸化糖を含有する糖鎖高分子の応用」化学工学会学生発表会 3/2014
    • 長尾 匡憲、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「インフルエンザウイルスと相互作用する糖鎖高分子の開発およびそれを用いたウイルス検出感度の向上」化学工学会学生発表会3/2014
    • 澁谷 誠、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「グライコモノリスの作製および生体分子分離への応用」化学工学会学生発表会3/2014
    • 下原新之介、和田 悠佑、李 惠柱、星野 友、三浦 佳子 「標的ペプチド固定化カラムを用いたリニアポリマーリガンドのアフィニティー精製」化学工学会学生発表会3/2014
    • 仲本 正彦、星野 友、三浦 佳子 「ナノゲル粒子への標的分子結合動力学に基づく機能発現」新学術領域研究「融合マテリアル」 第9回 若手スクール、ホテル広島ガーデンパレス(広島)1/2014

    2013年

    • 今井 健太、星野 友、三浦 佳子 「相転移型ビニルアミン含有ポリマーを用いた二酸化炭素吸収剤の開発」 9/2013
    • 米田 玉弥、森井 崇人、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「Pdを担持させたナノゲル固定化膜リアクターの触媒活性の検討」化学工学会 9/2013
    • 瀬戸 弘一、神波 誠治、小林 孝志、長谷川慎、小川雄一、星野 友、三浦 佳子 「糖鎖高分子固定化金属メッシュデバイスセンサーによるタンパク質の検出」化学工学会 9/2013
    • 國府島 由紀、Kohei ogawa、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「デンドリマー固定基板の作製および生体分子吸着性の評価」化学工学会秋季大会 9/2013
    • 大橋 良平、星野 友、三浦 佳子 「ナノゲル合成時に用いたプロトンインプリント効果に対する各種合成条件の影響」高分子討論会 9/2013
    • 仲本 正彦、星野 友、三浦 佳子 「ナノゲル粒子に対するタンパク質結合動力学とシャペロン機能の相関」高分子討論会 9/2013
    • 瀬戸 弘一、國府島 由紀、星野 友、三浦 佳子 「樹状高分子をプラットホームとした生体分子が吸着する表面および吸着しない表面」高分子討論会 9/2013
    • 和田 悠佑、LEE HAEJOO、星野 友、三浦 佳子 「ペプチド結合性リニアポリマーのアフィニティー精製」高分子討論会 9/2013
    • 高良 政己、星野 友、三浦 佳子 「アクリルアミド型糖鎖高分子の立体規則性制御」高分子討論会 9/2013
    • 三浦 佳子、星野 友、瀬戸 弘一 「糖鎖高分子グラフト膜によるタンパク質分離材料」日本糖質学会 8/2013
    • 仲本正彦、星野 友、三浦 佳子 「機能性PNIPAmナノゲル粒子の柔軟性と標的タンパク質結合・解離速度相関解析」バイオ高分子シンポジウム 8/2013
    • LEE HAEJOO、和田 悠佑、星野 友、三浦 佳子 「The first step for synthetic antibody: Minization of synthetic antibodies that recognize and capture targeted peptide」バイオ高分子シンポジウム 7/2013
    • 荒田 裕加、星野 友、山崎 亜希、矢野 勝彦、三浦 佳子 「IgG結合性ナノゲル粒子担持多孔性樹脂の調製と評価」バイオ高分子シンポジウム 7/2013
    • 米田玉弥、森井崇人、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「Pdを担持させたナノゲルによるリアクターの検討」第50回化学関連支部合同九州大会7/2013
    • 寺田侑平、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「糖鎖高分子ナノゲル粒子を用いた構造色バイオセンサー」第50回化学関連支部合同九州大会7/2013
    • 今井 健太、星野 友、三浦 佳子 「二酸化炭素吸収のための相転移型ビニルアミン含有ポリマーの調製」第50回化学関連支部合同九州大会7/201
    • 國府島由紀、小川浩平、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「デンドリマー修飾表面における大腸菌吸着への影響」第50回化学関連支部合同九州大会 7/2013
    • 荒田裕加、星野 友、山崎 亜希、 矢野 勝彦、三浦 佳子 「多孔性ビーズへのナノゲル粒子の担持およびタンパク質吸着性能の評価 」第50回化学関連支部合同九州大会 7/2013
    • Mengchen Yue, Yu Hoshino, Yoshiko Miura 「Preparation of Hydrogel Films Consisting of Amine-containing Nano-gel Particles and Evaluation of their CO2 Absorption Properties」高分子学会 5/2013
    • 荒田 裕加、星野 友、山崎 亜希、矢野 勝彦、三浦 佳子 「タンパク質精製向けナノゲル粒子固定化多孔性担体の調製」高分子学会5/2013
    • 星野 友、大橋良平、三浦 佳子「プロトンインプリントナノゲル粒子の開発」高分子学会5/2013
    • 三浦 佳子、 國府島 由紀、 瀬戸 弘一、 星野 友 「Molecular Recognition of Proteins and Bacteria on the Dendrimer Interface 」高分子学会5/2013
    • Yuhei Terada、Tatsuro Endo、Koichi Seto、Yu Hoshino、Yoshiko Miura 「Structural-color Biosensor Immobilized with Sugar-incorporating Nanoparticles」高分子学会5/2013
    • 星野 友、今村 和史、今井 健太、三浦 佳子 「感温性ナノゲル粒子のCO2可逆吸収容量に及ぼすモノマー組成の効果」高分子学会5/2013
    • LEE HAEJOO、和田 悠佑、星野 友、三浦 佳子 「メリチン結合性高分子リガンドの最適化」高分子学会3/2013
    • 今井 健太、今村 和史、星野 友、三浦 佳子 「ビニルアミン含有感温性ポリマーから成るCO2吸収液の調製と評価」化学工学会第78回年会3/2013
    • 今村 和史、今井 健太、山下 知恵、Yue Mengchen、 星野 友、三浦 佳子 「相転移型ナノゲル粒子のCO2吸収容量向上方法の検討」化学工学会第78回年会3/2013
    • 森井 崇人、米田 玉弥、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子「高分子担体の相状態に伴う触媒能の評価」化学工学会第78回年会3/2013
    • 瀬戸 弘一、神波 誠治、近藤 孝志、長谷川 慎、小川 雄一、星野 友、三浦 佳子 「ビオチン薄膜による表面改質および生体分子認識機能の評価」化学工学会第78回年会3/2013
    • 國府島 由紀、小川 浩平、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「大腸菌接着制御するデンドリマー修飾基板の作製」化学工学会第78回年会 3/2013
    • 寺田 侑平、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「糖鎖高分子ナノ粒子を用いた構造色バイオセンサーの開発」化学工学会学生発表会3/2013
    • 荒田 裕加、和田 悠佑、星野 友、山崎 亜希、矢野 勝彦、三浦 佳子 「IgG結合性ナノゲル粒子固定化担体の調整」化学工学会学生発表会 3/2013
    • 米田 玉弥、森井 崇人、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「Pdを担持させたナノ粒子による固定化触媒とリアクターの検討」化学工学会学生発表会 3/2013
    • 國府島 由紀、小川 浩平、 瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「大腸菌接着制御デンドリマー修飾表面の作製」化学工学会学生発表会3/2013
  • 2012年

    • 和田 悠佑、李惠柱、星野 友、三浦 佳子 「アフィニティー精製を用いたペプチド結合性リビング ポリマーリガンドの精製」2012年日本化学会西日本大会(佐賀大学) 11/2012
    • Mengchen Yue、Yu Hoshino、Yoshiko Miura 「Effect of amine on CO2 capture-release of N-isopropylacrylamide based nanoparticles」第44回化学工学会秋季大会9/2012
    • 大橋 良平 、三浦 佳子 、星野 友 「温度応答性ポリマーナノ粒子による能動的イオン輸送」第44回化学工学会秋季大会9/2012
    • 瀬戸弘一、星野友、三浦佳子 「材料表面に付与して生体分子認識能への糖鎖高分子コンフォメーションの影響」第44回化学工学会秋季大会9/2012
    • Yu Hoshino 、Ryohei Ohashi 、Mengchen Yue 、Kazushi Imamura、Yoshiko Miura
      「Enzyme mimic ion transport using thermo-responsive nanogels」第61回高分子討論会9/2012
    • 仲本正彦、星野 友、三浦 佳子 「マンノース含有Poly-N-Isopropylacrylamideナノ粒子の相状態と標的レクチンの結合速度相関」第61回高分子討論会9/2012
    • 李 惠柱、和田 悠佑、星野 友、三浦 佳子 「メリチン結合性高分子リガンドの調製と相互作用解析」第61回高分子討論会 9/2012
    • 三浦 佳子、瀬戸 弘一、首藤 央樹、西村 優里、星野 友 「硫酸化糖鎖高分子によるタンパク質の機能制御の検討」第61回高分子学 6/2012
    • 李 惠柱、和田 悠佑、星野 友、三浦 佳子 「標的ペプチドを認識・中和可能な高分子リガンドの調製」高分子学会九州支部若手の会(宮崎) 6/2012
    • 和田 悠佑、李 惠柱、星野 友、三浦 佳子 「ペプチド結合性リニアポリマーとナノ粒子の比較」高分子学会九州支部若手の会(宮崎) 6/2012
    • 和田 悠佑、星野 友、三浦 佳子 「RAFT重合によるプラスチック抗体の合成と単離」第49回化学関連支部合同九州大会(北九州) 6/2012
    • 森井 崇人、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「高分子微粒子を担体としたPd触媒および水素貯蔵材料の作製」第49回化学関連支部合同九州大会(北九州) 6/2012
    • 仲本 正彦、星野 友、三浦 佳子 「レクチン認識ナノゲル粒子の粘弾性と標的結合速度の相関」第49回化学関連支部合同九州大会(北九州) 6/2012
    • 高良 政己、星野 友、三浦 佳子 「イムノクロマトグラフィーへの応用に向けた糖鎖高分子固定化金ナノ粒子の設計検討」第49回化学関連支部合同九州大会(北九州) 6/2012
    • 杉本 雅志、武井 孝行、星野 友、三浦 佳子 「糖結合デンドリマーを用いた選択的細胞接着界面の開発」第49回化学関連支部合同九州大会(北九州) 6/2012
    • 岳 梦晨、星野 友、三浦 佳子 「Investigation of CO2 capture-release capacity by using N-isopropylacrylamide (NIPAm) nanoparticles containing amine group」第49回化学関連支部合同九州大会(北九州) 6/2012
    • 星野 友、仲本 正彦、三浦 佳子 「タンパク質を多点認識するナノゲル粒子のコンフォメーション変化が標的結合・解離速度に与える影響」第22回バイオ・高分子シンポジウム(東京大学) 6/2012
    • 三浦 佳子、瀬戸 弘一、緒方 裕太郎、星野 友 「糖鎖高分子によるタンパク質分離材料の創製」第22回バイオ・高分子シンポジウム(東京大学) 6/2012
    • 和田 悠佑、星野 友、三浦 佳子「RAFT重合によるペプチド結合性共重合体の合成と単離」第61回高分子学会年次大会(横浜) 5/2012
    • 高良 政己、星野 友、三浦 佳子 「糖鎖高分子固定化金ナノ粒子を利用したイムノクロマトグラフィーへの応用」第61回高分子学会年次大会(横浜) 5/2012
    • 瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「生体分子認識をもつ糖鎖デンドリマー固定による表面修飾」第61回高分子学会年次大会(横浜) 5/2012
    • 星野 友、今村 和史、岳 梦晨、三浦 佳子 「感温性ナノゲル粒子による低コスト二酸化炭素吸脱着法の開発」第61回高分子学会年次大会(横浜) 5/2012
    • 星野 友、仲本 正彦、三浦 佳子 「タンパク質結合性ナノ粒子のコンフォメーション変化が標的結合・解離速度に与える影響」第61回高分子学会年次大会(横浜) 5/2012
    • 仲本 正彦、星野 友、三浦 佳子 「温度応答性を有する生体高分子認識ナノ粒子の相転移点付近における結合速度加速効果」日本化学会第92春季大会(慶応大学 日吉・矢上キャンパス) 3/2012
    • 杉本 雅志、武井 孝行、星野 友、三浦 佳子 「デンドリマー界面によるタンパク質・大腸菌の吸着制御-2」日本化学会第92春季大会(慶応大学 日吉・矢上キャンパス) 3/2012
    • 森井 崇人、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「パラジウム(0)担持ナノ粒子の機能性評価」第77年会日本化学工学会(工学院大学) 3/2012
    • 杉本 雅志、武井 孝行、星野 友、三浦 佳子 「デンドリマー界面によるタンパク質・大腸菌の吸着制御その3」第77年会日本化学工学会(工学院大学) 3/2012
    • 瀬戸 弘一、高良 政己、星野 友、三浦 佳子 「RAFTポリマーを利用したガラス材料の表面修飾」第77年会日本化学工学会(工学院大学) 3/2012
    • 星野 友、今村 和史、三浦 佳子 「二酸化炭素吸収のための相転移型アミン含有ナノゲル粒子の開発」第77年会日本化学工学会(工学院大学) 3/2012
    • 和田 悠佑、星野 友、三浦 佳子 「溶血ペプチドに強く結合する合成高分子の単離」第14回化学工学会学生発表会 (宇部大会) 3/2012
    • 森井 崇人、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「水素貯蔵性パラジウム(0)担持ナノ粒子の作製」第14回化学工学会学生発表会 (宇部大会) 3/2012
    • 仲本 正彦、星野 友、三浦 佳子 「生体高分子認識ナノ粒子の膨潤度と標的タンパク質の結合・解離速度の相関解析」第14回化学工学会学生発表会 (宇部大会) 3/2012
    • 首藤 央樹、西村 優里、星野 友、三浦 佳子 「硫酸化糖を用いたアルツハイマー病阻害剤の開発」第14回化学工学会学生発表会 (宇部大会) 3/2012
    • 小川 浩平、杉本 雅志、星野 友、三浦 佳子 「タンパク質に対する忌避活性を有するデンドリマー修飾金基板表面の作成」第14回化学工学会学生発表会 (宇部大会) 3/2012

    2011年

    • 三浦 佳子、西村 優里、星野 友 「硫酸化糖クラスターによるタンパク質の機能制御」第60回高分子討論会 (岡山大学)9/2011
    • 高良 政己、星野 友、三浦 佳子 「RAFT 重合を用いて調製した糖鎖高分子固定化金ナノ粒子の機能解析と材料への応用」第60回高分子討論会 (岡山大学)9/2011
    • 星野 友、小出 裕之、奥 直人、K. J. Shea 「動物体内で毒性ペプチドを認識・結合・中和するプラスチック抗体の開発」 化学工学会第43回秋季大会 (名古屋工業大学) 9/2011
    • 瀬戸 弘一、緒方 裕太郎、星野 友、三浦 佳子 「糖鎖高分子固定化膜によるタンパク質のアフィニティー分離」化学工学会第43回秋季大会 (名古屋工業大学) 9/2011
    • 緒方 裕太郎、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「糖鎖高分子修飾ガラス基板を用いたタンパク質検出材料の開発」 化学工学会第43回秋季大会 (名古屋工業大学) 9/2011
    • 星野 友、前野 克行 S.‐H. Lee, K. J. Shea 「プラスチックプロテインAの開発」 第21回バイオ・高分子シンポジウム (関西大学千里山キャンパス) 7/2011
    • 和田 将也、星野 友、三浦 佳子 「優れたレクチン認識能を有する単分散糖鎖高分子の開発」 第21回バイオ・高分子シンポジウム (関西大学千里山キャンパス) 7/2011
    • 星野 友、小出 裕之、尾山 大、奥 直人、K. J. Shea 「敗血症治療の為のプラスチック抗体の開発」 第40回医用高分子シンポジウム (関西大学千里山キャンパス) 7/2011
    • 高良 政己、豊島 雅幸、星野 友、三浦 佳子 「RAFTリビングラジカル重合を利用した糖鎖高分子複合微 粒子の合成と機能解析」 第60回高分子学会年次大会 (大阪国際会議場) 5/2011
    • 西村 優里、星野 友、三浦 佳子 「糖鎖高分子ライブラリーの合成と生体機能解析」 日本化学会第91春季年会3/2011
    • 杉本 雅志、福田 知博、松本 絵里乃、星野 友、三浦 佳子 「糖結合デンドリマーによる生体機能の制御」 日本化学会第91春季年会3/2011
    • 福田 知博、松本 絵里乃、杉本 雅志、星野 友、三浦 佳子 「デンドリマー自己組織化膜界面の調製と機能解析」 日本化学会第91春季年会3/2011
    • 杉本 雅志、福田 知博、松本 絵里乃、星野 友、三浦 佳子 「糖結合デンドリマーによる生体機能の制御」 第13回 化学工学会学生発表会3/2011
    • 緒方 裕太郎、和田 将也、星野 友、三浦 佳子 「糖鎖高分子グラフト基材を用いた生体高分子材料の創製と解析」 第13回 化学工学会学生発表会3/2011
    • 高良 政己、豊島 雅幸、星野 友、三浦 佳子 「RAFTリビングラジカル重合を利用した糖鎖高分子複合微粒子の合成と機能解析」 第13回 化学工学会学生発表会3/2011
    • 星野 友、小出 裕之、奥 直人、シェイ ケネス 「動物体内で標的分子を認識・結合・中和するプラスチック抗体の開発」 化学工学会第76回年会3/2011
  • 2010年

    • 星野 友 「動物体内で標的分子を認識・中和する高分子ナノ粒子“プラスチック抗体”の開発」 高分子学会九州支部若手の会11/2010
    • 星野 友、児玉 高志、岡畑 恵雄、シェイ ケネス 「ペプチド認識性合成高分子ナノ粒子—プラスチック抗体—の精製」 第3回化学工学三支部合同徳島大会10/2010

    2009年

    • 星野 友、児玉 高志、小出 裕之、浦上 武雄、奥 直人、岡畑 恵雄、シェイ ケネス 「分子インプリント法およびアフィニティー精製によるプラスチック抗体の調整」 第58回高分子討論会9/2009

2006年

  • 川崎 剛美、星野 友、磯部 英美、岡畑 恵雄 「酵素の振動工学-活性の超音波制御」 第55回高分子討論会9/2006
  • 上嶋 右子、藤田 大悟、塚田 周平、星野 友、沖田 耕一、大口 修、丸 幸弘 「若手研究者による研究体験型バイオ実験教室を通じた高校生の理解度と興味の変化」 日本理科教育学会第56回全国大会8/2006.
  • 川崎 剛美、星野 友、磯部 英美、岡畑 恵雄 「酵素の振動工学 -タンパク質運動と活性の超音波制御」 第16回バイオ・高分子研究会シンポジウム8/2006
  • 磯部 英美、星野 友、川崎 剛美、岡畑 恵雄 「微弱超音波によるサーモライシンの酵素活性制御」 第86回日本化学会年会、3G5-15 3/2006
  • 星野 友、川崎 剛美、岡畑 恵雄 「微弱超音波の周波数がDNAポリメラーゼの反応素過程に与える影響のQCM基板上での解析」 第86回日本化学会年会3/2006
  • 成田 憲保、星野 友、丸 幸弘 他 「分野の枠を超えた若手研究者が発信する新しい理科教育の試み」 日本天文学会2006年春季年会3/2006
  • 星野 友、川崎 剛美、岡畑 恵雄 「様々な周波数の微弱超音波によるDNAポリメラーゼの活性制御」 第9回生体触媒化学びわ湖シンポジウム1/2006

2005年

  • 星野 友、川崎 剛美、岡畑 恵雄 「微弱超音波が耐熱性DNAポリメラーゼに与える影響のQCM基板上での解析」 第20回生体機能化学部会シンポジウム9/2005
  • 星野 友、川崎 剛美、岡畑 恵雄 「微弱超音波がDNAポリメラーゼに与える影響のQCM基板上での解析」 第54回高分子年次大会5/2005

2004年

  • 星野 友、水城 悠、川崎 剛美、岡畑 恵雄 「微弱超音波によるDNAポリメラーゼの活性制御」 第8回生体触媒化学シンポジウム12/2004
  • 川崎 剛美、星野 友、石 津縁、岡畑 恵雄 「耐熱性酵素活性の超音波照射効果」 第19回生体機能化学部会シンポジウム10/2004
  • 星野 友、川崎 剛美、岡畑 恵雄、 「微弱超音波によるDNAポリメラーゼの活性制御」 第53回高分子年次大会5/2004
  • 石津 縁、星野 友、川崎 剛美、岡畑 恵雄 「微弱超音波によるサーモライシンの活性制御」 第53回高分子年次大会5/2004

2003年

  • 西村 由希子、比毛 智一、山本 卓、星野 友、大野 一樹 「複数大学の理工系学生を対象とした経営教育プログラムの開発研究」 技術計画学会第18回年次学術大会 11/2003.
  • 星野 友、川崎 剛美、岡畑 恵雄 「微弱超音波を用いたリゾチームの活性制御」 第18回生体機能関連化学シンポジウム10/2003
  • 星野 友、川崎 剛美、岡畑 恵雄 「微弱超音波を用いたリゾチームの活性制御」 第2回バイオリピッドフォーラム8/2003
  • 星野 友、川崎 剛美、岡畑 恵雄 「微弱超音波を用いたリゾチームの活性制御」 第52回高分子年次大会、II Pa1915/2003

2002年

  • 星野 友、川崎 剛美、岡畑 恵雄 「微弱超音波を用いた酵素の活性制御」 第6回生体触媒化学シンポジウム12/2002
  • 星野 友、三友 秀之、川崎 剛美、岡畑 恵雄 「微弱超音波を用いた酵素の活性制御」 第17回生体機能関連化学シンポジウム9/2002
  • 星野 友、三友 秀之、川崎 剛美、岡畑 恵雄 「微弱超音波を用いた酵素の活性制御」 第51回高分子年次大会 5/2002

2001年

  • 川崎 剛美、星野 友、三友 秀之、岡畑 恵雄 「微弱超音波を用いたβ-N-Acetylglucosaminidaseの酵素活性制御」 第5回生体触媒化学シンポジウム 12/2001
  • 星野 友、中山 元 「DNAを材料とする機能性バイオフィルムの実用化」 東京工業大学ベンチャービジネスラボラトリー公開シンポジウム12/2001
  • 星野 友、中山 元、田嶋 祥子、岡畑 恵雄 「DNAやRNAを配向化させたフィルムの作製と機能化」 第50回高分子討論会 9/2001
  • 星野 友、中山 元、岡畑 恵雄 「RNA-脂質複合体のフィルム化」 第50回高分子年次大会 5/2001

受賞等

2019年

  • Benshuai Guo,Yoshiko Miura,Yu Hoshino"Thermocell driven by Temperature Responsive pH Change of Nanogel Solution"2019Pusan-Gyeongnam/Kyushu-Seibu Joint Symposium on High Polymers(19th),Best Poster Award,17-19 October,2019 Korea
  • 郭 本帥、星野 友、山田 鉄兵、三浦 佳子「温度応答性ナノゲル粒子を用いた温度差流動電池の開発」ポスター発表、第68回高分子討論会9/2019 優秀ポスター賞
  • 片渕 航汰「短時間かつ高湿度環境下でCO2を回収可能なハイドロゲルフィルムの開発」第30回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会7/2019 最優秀ポスター賞
  • 松本 光「架橋高分子内を反応場とした多孔質モノリスの設計戦略:固定化触媒カラムリアクターへの応用」化学工学会九州支部第24回学生賞審査会7/2019 九州支部学生賞

2018年

  • 木元 優里、寺田 侑平、星野 友、三浦 佳子「コレラ毒素認識に向けた糖鎖高分子スクリーニング」第28回バイオ高分子シンポジウム 学生優秀ポスター賞
  • Haruka Hattori, Hikaru Matsumoto, Yu Hoshino, Yoshiko Miura "Development of Macroporuus Polymer Monolith Containing L-proline-based Organocatalyst and Application to Flow Asymmetric Aldol Addition Reaction" The 31st International Symposium on Chemical Engineering, Best Oral Presentation Award, 30th November to 2nd December, 2018 Thailand
  • 服部 春香「カスケード反応を指向する多孔質高分子モノリス型フローリアクターの開発」第29回九州地区若手ケミカルエンジニアリング討論会 ポスター賞 優秀賞
  • 田口 裕貴「正確に孔径制御された金属メッシュを用いた細胞分離方法の検討」第29回九州地区若手ケミカルエンジニアリング討論会 ポスター賞 優秀賞

2017年

  • 王 尊弘、星野 友、三浦 佳子 「両親水性糖鎖ブロック高分子による新規ポリマーミセルの自己集合駆動力」ポスター発表、九州地区高分子若手研究会・冬の講演会11/2017
  • 谷口 昇平、片上 将、星野 友、三浦 佳子 「重合度が完全に均一なプラスチックアプタマーの開発」ポスター、第54回化学関連支部合同九州大会7/2017 高分子学会九州支部若手奨励賞
  • 星野 友、郭 本帥、高帆、山田 鉄兵、君塚 信夫、三浦 佳子 「低温排熱の高効率回収を実現するゲル相転移駆動型温度差電池の開発」第66回高分子学会年次大会5/2017 パブリシティ賞
  • 森部 十徳 ”Improvement of reversible salt absorption efficiency of temperature responsive gel particle composite membrane”            2017 Kyshu-Seibu/Pusan-Gyeongnam Joint Symposium on High Polymers (18th) and Fibers (16th) ポスター賞

2016年

  • 森部 十徳、権藤 直樹、仲本 正彦、星野 友、三浦 佳子 「イオン性ゲル粒子から成る温度応答性脱塩材料の開発」11/2016 ポスター賞
  • 行部 智洋、今村 和史、山下 知恵、星野 友、谷口 育雄、三浦 佳子 「pKaを制御したアミン含有ゲル粒子からなるCO2分離膜の選択透過性の評価」第53回化学関連支部合同九州大会7/2016
  • 松本 光、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「瀬戸ゲル粒子骨格を有する多孔質モノリスのパラジウム触媒リアクターへの応用」第53回化学関連支部合同九州大会7/2016
  • 浜崎 央、Yue Mengchen、星野 友、三浦 佳子 「アミン含有ゲル粒子フィルムのCO2可逆吸収挙動に与えるCO2分圧の影響」化学工学会 第81年会3/2016 学生奨励賞受賞
  • 地曵 俊紀、権藤 直樹、仲本 正彦、星野 友、三浦 佳子 「カルボン酸およびアミンを共重合したナノゲル粒子の作製およびpKa評価」化学工学会 第81年会3/2016 学生奨励賞受賞 
  • 地曵 俊紀、権藤 直樹、仲本 正彦、星野 友、三浦 佳子「カルボン酸およびアミンを導入したナノゲル粒子のpKa評価」第18回化学工学会学生発表会3/2016 優秀発表賞受賞

2015年

  • 秋吉 孝則、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「 Pd微粒子触媒の安定性を向上させるナノゲル担体の作製」平成27年度九州地区高分子若手研究会・冬の講演会12/2015 ポスター賞受賞
  • 片上 将、下原 新之介、李 惠柱、星野 友、三浦 佳子 「標的ペプチドと特異的に相互作用を示す高分子アプタマーの開発」第26回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会7/2015 ポスター賞受賞
  • 三好 孝明、権藤 直樹、仲本 正彦、星野 友、三浦 佳子 「熱駆動プロトン輸送によるエネルギー変換システムの開発」第26回九州地区若手ケミカルエンジニア討論会7/2015 ポスター賞受賞
  • 秋吉 孝則、瀬戸 弘一、星野 友、三浦 佳子 「架橋密度を制御したPd担持ナノゲル触媒の活性評価」第52回化学関連支部合同九州大会6/2015 ポスター賞受賞