生物システムは、個々のプロセスおよびそれらの複合したプロセスを進化させることによって巧妙さを生み出してきました。

当研究室では、遺伝子から細胞、組織・臓器,個体までを研究対象として、 生物システムや生命現象の巧妙さを解析するとともに、天然材料や合成材料を用いて、人工的な再構築を試みることを通して新しいバイオテクノロジーの開発を目指し、研究を行っております。

(最近の研究トピック)
幹細胞の大量培養法の開発
幹細胞から成熟細胞への分化誘導法開発と組織構築
ハイブリッド型人工臓器・再生医療用デバイスの開発
有用細胞の効率的生産プロセスの開発

関連する研究業績はこちらをご参照下さい。
(九州大学研究者情報ページ)