岸田 昌浩 (Kishida Masahiro)

九州大学大学院 工学研究院 化学工学部門 教授

>> 九州大学研究者情報

 当研究室では,ナノメートルおよびマイクロメートルスケールの微細構造を制御したモノづくりを基本として,各種ナノ・マイクロ構造体の機能向上に関する研究活動を行っています.当研究室で言うところの「構造体」には, 細胞も含めておりまして,細胞の機能向上に関する研究も行っています.

 本来,「構造体」はプログラミング分野で使われる用語ですが,我々は,「構造体」をナノスケールの構造あるいはマイクロスケールの構造に特徴があり,その構造に由来する特異な機能を発現する基礎材料という意味に用いています.

 研究の対象としている「構造体」は,ナノ粒子,ナノワイヤー,ナノシート,カーボンナノチューブ,カーボンファイバー,またこれらの材料を異種物質(主にシリカ)で均一被覆したものです.いずれの「構造体」においても,これまで合成されていないような新しい組成にチャレンジしています.一方で,応用対象からの要求をフィードバックして,「構造体」に工夫を加える検討も行っています.

 当研究室の大きな特徴は,新しい「構造体」を合成するだけでなく,独自に合成した「構造体」を機能性材料として実際に応用し,新規機能や高機能を発現させようとチャレンジしている点です.応用対象しては,水素製造用触媒,燃料電池電極触媒,誘導体・伝導体デバイス,ナノコンポジット磁性粉などです.また,表面を高度に制御した磁性体に酵素を固定化したナノ粒子などは,その「構造体」自体が固定化酵素への応用になっています.

 細胞の研究ではマウスES細胞を取り上げて,新しい技術である光ピンセットを導入し,細胞の新しい評価方法を研究するとともに,新規細胞選抜装置の開発を検討しています.他の対象と全く同じようには扱えませんが,「構造体」としての視点から研究を行うことで新しい発見が得られています.

 以上のように応用分野が極めて多岐に亘っていますが,材料研究はどのような分野においても必要なものであり,汎用的な材料の開発研究を行えば当然の結果とも言えます(細胞は別です).

 また,所属する化学工学分野との関係では,材料という横糸を通して種々の分野を整理して捉える点が化学工学的と言えます.逆に,このような研究の広がりこそが化学工学研究者ならではの特徴と考えています.また,岸田の主分野が反応工学ですから,材料合成過程のダイナミクスや触媒反応には自然と力が入ります.

 新しい材料をつくり,その材料を応用するという一連の研究を通して行うことには苦労も多く,特に実験を担当する学生さんの負担は大変なものですが,自ら作った材料が高性能を示したときの喜びは格別です.

 九大内および他大学の学生さん,あるいは企業の研究者の方で,ご質問がありましたら,気軽にお問い合わせください.

平成19年4月27日 岸田昌浩